週明けの東京株式市場は堅調な幕開けとなっておりますね。

相変わらず問題は山積みであり、何一つ不安は払しょくできていないのですが、相場だけは堅調・・・。

まあ、不安が故に空売りが入り、それが相場を下支えしているという解説は何度もしましたので、この件はとりあえず良いでしょう。

では、逆に「日本株を買う理由があるのか?」という事を考えてみたいと思います。

例えば、日本は今も物作りは世界一であるという事です。

中国や韓国がいくら力を付けてきたとは言え、日本の工作機械が無ければまともなものは作れないのです。

そして、日本からの産業素材、例えば、韓国へ対する輸出条件厳格化によって有名になったフッ化水素等ですが、これらの産業素材が無ければまともなハイテク製品が作れないのです。

韓国が日本からの輸入に頼ってはいけないと奮起して生産を開始したフッ化水素でしたが、韓国側は「自国で生産に成功!」と発表していました。

それを利用した結果なのかどうかは分からないのですが、こんな記事が出ておりました。

もう、洒落にならないぐらいの大打撃です。

問題は100万台も破棄せざるを得なくなったという事よりも、今後もまともな生産が出来ないとアップルに思われた事でしょう。

韓国は日本に頭を下げて、正常な関係を構築する努力が必要で、それが出来なければ韓国消滅の危機です。

そして、もちろんこれで潤うのは日本です。

そもそも、半導体は日本の独壇場だった産業で、これを韓国にもやらせろという米からの命令?によって韓国に提供された技術なのです。

結局、日本が強すぎて米国の赤字が酷い事になってしまったという事もあり、仕方がないと言えば仕方がないのですが、それなら米国に技術を持って行って生産すべきであったという事になるでしょう。

今更ですけどね・・・。

まあ、韓国を助けるにしても死なない程度にという事になるでしょうし、日本は物作り大国として復活して行く事と思われます。

もちろん中国もダメです。

中国は技術を盗まないと生産できない国なので・・・。

ただ、安倍外交は最近中国に対して激甘政策なんですよね・・・。

尖閣諸島への侵入を繰り返しているし、日本人を公的に14人も拉致している中国の国家主席を来年国賓として招く!?

尖閣は日本の領土だと認め、拉致した14人は釈放すれば百歩譲って国賓待遇でも良いかと思いますが・・・。

しかし、中国と近づいて何の利があるのでしょう?

もはや不動産バブルは崩壊状態ですし、来年は債務の支払いが履行されない可能性が高いのです。

多くの人民はいつ銀行が潰れるかと気が気でないそうで、ちょっと危ない噂が流れると銀行へ殺到して取り付け騒ぎが起こり出しているそうですし、相当危なくなってきていると思えるのですけどね。

そもそも、中国がおかしくなったのは不動産バブルの崩壊であり、米中貿易戦争は関係ないのです。

苦しいところに追い打ちをかける効果はあったのでしょうが、米中冷戦が終わったとしても中国が復活する可能性は低いのです。

目先としては米中通商交渉が一部合意とか、そんなことに反応している相場ですが、中長期的には意味のない事です。

米が求めているのは国際ルールを厳守した関係でしかないのです。

「知的財産権を守れ!」とか「資本の移動を自由にしろ!」等なのです。

これを実行させるために関税で圧力をかけているだけであり、基本的に貿易の問題ではないのです。

ですから、一部合意するとしても、中国は何を妥協して、何を国際ルールに通りにしようというのか?

そう考えますと、結局何も妥協できない中国という姿が見えてきてしまうのです。

だとすれば、一部合意も有り得ない?

どうなのでしょうね・・・。

まあ、いずれにしても米国の景気は良いのは確かですし、中国の未来は変わらないでしょう。

ならば日本はこのまま米国にべったりでも良いのではないかと思うのですけどね。

沈みゆく中国に手を差し伸べても共に沈むだけですし、韓国に手を伸ばせば、引きずり込まれて韓国だけが助かるとか、起こりえるので無視が一番。




という訳で、日本は海外で安く作って儲けようとかではなく、国内でまともなものを作る努力だけをすれば良いと思うのです。

そして、そういう流れは既に始まっているし、それが半導体銘柄が買われている理由の一つでしょう。

国内の景気は良くなるはずもないのですが、良くなる可能性の高い産業はある訳です。

決して下しかないという状況ではないし、悪すぎれば政治も動くしかないでしょう。

まあ、今の政治はちょっと悪すぎますし、更に悪い方へ動くと怖いですけどね・・・。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は今日も上昇ですね。

ただ、今日はSQであった訳ですが、23637円でSQが決まった後は値を消す展開となっております。

まあ、流石にここまで急上昇してきた訳ですし、とりあえずのターゲットはSQであったと思いますので、通過後はぱっとしない展開になっても不思議ではありません。

しかし、それでもプラス圏ですし、状況から考えれば上昇を再開する可能性はあると思っています。

何度も書いてきている事ですが、悪材料が明確過ぎるのです。

ですから、多くの投資家が上昇に疑いを持っており、それが空売りにつながって行くのです。

売りが多ければ、下がれば買い戻す訳ですし、騰がれば踏まれて上昇に弾みが付くのです。

もちろん増税の影響もあって国内景気は良くなるはずもありませんから、景気を先読みするという事であれば売りが正しいのですけどね・・・。

どこかで大きな下げは出るかとは思っていますが、下げる前に策がめぐらされる可能性もあるのです。

何故か・・・。

これだけ売りが溜まっていれば、相場は下げさせるよりも上げさせる方が容易だからです。

以下の資料は、1357ダブルインバースの買い残の推移です。

https://m.finance.yahoo.co.jp/stock/historicaldata/margin?code=1357.T

異常なまでに増え続けている信用買い残。(この場合は値下がりに期待する買いですので、225の空売りと同じ効果があります)

これを利食いさせながら下落相場を作る事を考えるならば、踏み上げさせて上昇相場を作る方が楽だと思いませんか?

株価というものには、理論値というものは確かにあります。

配当に対してどれ程の株価が妥当であるのか?

企業業績の推移に対してどれ程の株価が妥当であるのか?

こうして考えて行くと、割高であるとか、割安であるとかの判断は成り立つのですし、今の株価に当てはめて行けば多くが割高という事になるのですが、だから必ず下がるかと言えばそうではないのです。

こんな事を常識に当てはめたらマザーズ市場なんて存在理由がなくなってしまいますからね・・・。

まあ、故にマザーズ先物なんてものはふざけているとしか言いようがないのですが、とにかく下手な枠をはめて株価を考えるべきではないのです。




もちろん枠が有効な相場もあるのですが、今は信用残高に注目すべき相場だと思っているところです。

ただ、問題は225ばかりに集中して多くの材料株が蚊帳の外になってしまっているのです。

動いている材料株は一握りで、誰も手を出せないような銘柄ばかり・・・。

特に目立っているのは6584三桜工業ですが、これはもう人外魔境の相場になる可能性すらあります。

誰も怖くて手が出ないから騰がるのです。

材料は誰も目にしたことがないような技術であり、どう評価したらいいのかも分からないのですから、もうやりたい放題も良いところです。

こういう特殊な銘柄から、まともな材料株に広がりが出ないとどうにもならないですし、多くの証券関係者が頭を抱えております。

しかし、ここで勝ち抜けるためには、皆が頭を抱えている内に良質な銘柄を仕込む必要があるのです。

素晴らしい材料を発表したのに出尽くしのような動きをしているあれとかです。(4582シンバイオ)

たとえ出尽くしであっても、あれだけではないという事を頭において、強気で対処して行けば良いだけなのですけどね。

ここで強気対処が出来た投資家が勝利を得ると思って良いでしょう。

自信を持って対処して行けば良いと思っているところです。

まあ、待ち構えていた投資家も多かったとは思いますので、仕方ないと言えば仕方ないのですが、それでもまあここで整理できれば目先も大きな反発が期待できると思っているところです。

この他にも色々ありますが、とにかく大事な銘柄は押さえておきたいものです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

今日の日経新聞一面トップは9984ソフトバンクが赤字転落となった事が取り上げられておりましたね。

黒字でもグループ内の子会社でお金をやりくりし利益を圧縮して税金を払わないという不良企業であり、赤字となっても税収は殆ど変わらないので、国的には問題はありません。

しかし、投資家からすれば同社を見直すきっかけになるのではないかと思っているところです。

先日の海外資産の税逃れ防止法もソフトバンク包囲網の一つなのですが、日米政府が同社の行為を許さないという姿勢に変化しているのです。

そして、基本的に借金でレバレッジを掛けて投資をするという形で運営されている企業なのですが、この投資も上手く行っていないという事が明らかになってきている訳です。

ソフトバンクが投資している企業を冷静に見れば、業界独占であるとか、唯一無二の技術やサービスというものはなく、どれも競争にさらされている物ばかりです。

そして、時間と共に占有率が下がって行くのは明らかなものばかりですので、これはもう先行きが暗いとしか言いようがありません。

また、現在は低金利で資金調達が成されている訳ですが、赤字という事では今後は現在の金利で貸し出しが出来なくなっていくはずなのです。

そもそも、ムーディーズなどの世界的格付け機関からは投資不適格とされているのです。

みずほ銀行はそうした海外の格付けを無視し、低利で莫大な貸し付けを行ってきたのですが、赤字ともなると流石に無視は出来なくなるでしょう。

現在、同社株は売られたところから値を戻し始めておりますが、これで悪材料出尽くしというのは甘いのではないかと思っているところです。

225は高いところですが、売り残も多いという事もあり、売りたいとは思いません。

一方、ソフトバンクは安いところですが、買い残が多いですし、売りたいという衝動はあります。

私は買い屋なので、実際に売り推奨まではしませんが、今後の同社の事を考えると売っていた方が得のように思えてなりません。

ただ、日米政府から狙われているとは言え、潰せば影響は大きいでしょうし、倒産までの話ではないでしょう。

おそらくは苦しくなるだろうし、資金繰りのために子会社を売却して行くような感じになるのではないかと思っているのですけどね・・・。

とは言え、このまま米がNY株式市場からアリババを締め出すところまで行けば、流石にソフトバンクも危ないという事になるかも知れません。

まあ、今のところは分からない事ですし、警戒だけしていれば良いでしょう。




さて、売られているところでは好材料が発表されて買われた4582シンバイオです。

少なくとも800円以上にいて良い材料だと思いましたが、期待していた向きが強すぎたのでしょうね・・・。

利食いに押されてダラダラと下がってきてしまっております。

まあ、目先としては仕方がない動きですが、本当に皆さん目先にしか興味がないのですね・・・。

こんなもので終わる銘柄ではないはずです。

もう少し時間は必要ですが、更なる大材料が待っているでしょうし、そこからは本物の上昇を見る事が出来るでしょう。

この調整でどこまで押すのかは分かりませんが、完全な強気で見ているところです。

弱いところで頑張って買った投資家だけが、本当の利益を手にすることが出来るのです。

とりあえず、今回の材料で上昇した分が無くなる様な事はないでしょうし、既に仕込んでいる方は期待しながら待っていれば良いと思っているところです。

詳細につきましては、状況を見ながらメンバーに向けてレポートして行きます。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。