サウジの石油施設がドローン10機に攻撃を受けて破壊されるという事件が発生したのですが、原油価格の高騰はともかく、株式市場の方はあまり目立った反応がありませんね。

これはどう考えても大問題であり、これからどんどん悪い方向へ行く話なのですけどね。

問題が終息する可能性があるとすれば、石油施設を攻撃したのはイランや国外のテロ組織ではなく、サウジ内部からであった場合でしょうか。

サウジの実権を握っている王子には恨みを持つ者が多いと言いますし、敵対勢力もかなり力があるそうですからね。

まあ、仮に内乱だったとしても、それはそれで問題ですが・・・。

心配されるのは原油の暴騰ですが、世界最大産油国となった米が放出を決めておりますし、価格低迷で瀕死だったロシアも生産量を増やすでしょうから、原油価格は上昇する可能性は高いでしょうが、暴騰するという事はないでしょう。

今後の問題ですが、普通にイランが敵国認定となって報復攻撃の対象となった場合です。

それに賛同する国、反発する国に別れて中東戦争が勃発する可能性が高まります。

それによりどれ程の石油関連施設が破壊されるかですが、そうなって行けばある程度の原油価格上昇は避けられないとは思っております。

目先は何事もなかったような感じですが、実は大きな問題ですし、危機には備えて行かねばならないと思っているところです。

純輸入国である日本は、大分ダメージが大きいと言わざるを得ません。

来月からの消費税増税も考えますと、流石にまずいのではないかと・・・。

世界はリーマンショックどころの話ではないと思うのですけどね。




増税の代わりにポイント還元だとか、教育無償化だとか、色々餌もばらまいておりますが、仕組みが複雑化するだけで良い事なんて何もありやしません。

ここで思うのは、いくら本気で政治家を選んでも官僚が変わらないからダメなのでしょう。

去年は財務官僚の公文書書き換えだとか、色々不祥事がありましたが、結局は問題にしきれずに消えて行きました。

問題はやはり官僚なのだと、つくづく思っているところです。

そして、今回の内閣改造ですが、とにかく目立っているのは小泉進次郎氏ですね。

先日は早速悪口を書いてしまいましたが、やはり彼はヤバそうな気配がありますね。

福島原発に絡んでの話ですが、汚染水の保留が限界を迎えようとしている状態で、浄化しきれないトリチウムは海洋放出しかできないのです。

世界中どこでも行われている事ですし、心情的にはよくないとしても、やるしかない事なのです。

この問題を、完全ノープランで考え直すような事を言ってました。

おそらく、トリチウム放出で風評被害が出るとすれば、執拗に攻撃してくる韓国です。

世界中どこでも行われている事なのですし、メディアがセンセーショナルに扱わなければ何の問題もない事なのです。

小泉環境大臣は、福島の限界を伝え、取るべき行動を真摯に説明するしかないのです。

そこで国民の理解を得て、風評被害を最低限に抑える。

抑えきれなかった部分は国で保証する。

これで良いではないでしょうか。

自分の人気取りのために、やれないことを約束するのはどうなのでしょうね。

そして、最大の問題は彼は財務省の飼い犬であるという事です。

もう少し勉強をして、考えがまともになってくれれば日本を良い方向に変える影響力は持っている人なのです。

今後に期待しましょう。

さて、まだまだ何がどうなるのか分からない世界ですが、ほぼ確実に起こるのは前述したように原油価格の上昇でしょう。

これによりどこが困って、どこが得をするのか?

復活しそうなのはロシアで、更に苦しくなりそうなのが中国。

中国も原油は輸入に頼っていますからね・・・。

世界は大きく動きそうですし、日本はその荒波に呑まれないように頑張らなくてはならないのですけどね。

とりあえず問題を提起しながら、良くなることを願っているしかないと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は高く寄り付いた後は売り物に押されておりますが、大きく崩れそうな気配は感じません。

数日前まではこのMSQが狙いで買い仕掛けをしていたのだと思っていたのですが、そんな簡単なものではなかったという事でしょう。

既に解説した話ですが、9月末は貸株の返済を行わなくてはならない銘柄が多いのです。

月末まで不安を煽って売り叩き、クラッシュしたところで買い戻せればベストのシナリオだったのですが、期待の米中関係悪化が緊張緩和に向けて動き出しているのですよね・・・。

中国は崩壊するまで突っ走ると思っていたのですが、無慈悲な共産党もそこまでは出来なかったという事でしょうか。

それとも、10.1国慶節のイベントがよほど大事だという事なのでしょうかね?

米に対して喧嘩上等だった中国が、農産物を買いますと来ましたからね・・・。

まあ、豚肉は元安、豚コレラ、飼料価格の高騰で前年比で倍増しているとの話もありますし、悪いインフレが起こっているのは確かなのです。

香港の件もありますし、放置すれば全土で暴動が起こってもおかしくないですからね。

基本的に選挙がないので、どれだけ人民を苦しめても武力さえしっかりしていれば何の問題もないのですが、中には善良な心を持った共産党員もいるでしょうし、暴動で政権が崩壊する可能性はありますからね。

まあ、結局は国家主席が変わるだけで、本質的には変わらないのでしょうが、とにかく足元では何かが確実に変化しているように感じます。

予想通りに崩壊まで突き進んでくれた方が読みは簡単だったのですが、そこまで相場が甘いとも思っておりませんし、変化には対応して行けば良いでしょう。

さて、ネット投資家の動向ですが、今日になって強気の意見が急激に増えてきたように思います。

私も昨日になってようやく強気転換したので、一日早いだけでしかないのですけどね。

それでも、多くのネット投資家が強気になってきたのは嬉しく思っているところです。

まあ、多くが強気になれば相場は終わる事が多いので、良くない兆候ではあるのですけどね・・・。

とは言えまだ強気の意見が出てきただけであり、多くが強気という雰囲気ではありません。

殆どの投資家はこの上昇に懐疑的であり、長続きはしないと見ていますからね。

私も10月は危ないと思っておりますし、長く続くとは思っておりませんが、それでもそう決めつけている訳ではありません。

実は、大事な部分はここで、予想はしていても、臨機応変に対応できる柔軟さが必要です。

有り得ないと思う動きが出ても、それを理解して飲み込むことが出来るのかどうか?

10月はヘッジファンドの決算を前に売りが出やすい時です。

そして、日本は減税で成功している米や豪を尻目に増税を行います。

上手く行けば良いのですが、おそらくは失敗します。

税制は複雑化し、儲かるのは税理士ぐらいですかね?

税理士も色々と大変でしょうけどね。

利権作りなのかと思ってしまいますが、とにかく景気は悪くなるはずです。

経済弱者を中心にカネを巻き上げて、経済弱者に手数料を引いてから配るというのですから、本当に頓珍漢な政策です。

もちろん、これは財務省の主導で行われているのですが、人気の小泉進次郎氏は環境大臣ですが、財務省の飼い犬ですからね。

まあ、多くの国民は増税やむなしなのだと洗脳されておりますし、地獄の門をくぐるまで、どこを歩いているのかも分からないのだとは思うのですが、いずれ進次郎氏が後戻りできない程の深い地獄に連れて行ってくれるのではないかな?と、うがった見方を私はしているところです。

彼には人心掌握の魔力がありますからね・・・。

ある意味では親父さんより恐ろしいです。




ちょっと脱線しましたが、とにかく10月以降は危ないです。

バラマキでしのごうと思っているのだとは思いますが、確実に景気は悪くなるのです。

ですから、ほぼ間違いなく株価は下落・・・。

ただ、問題はここからです。

株価が下落ならば何とかしようとするのが政治家であり、官僚です。

「景気はどうあれ、株だけは高くしとけ!」

やろうと思えば出来るでしょうし、おそらくはそういう流れになって行くのではないかな?と思っているところです。

ですから、単純に下落だけを想像していてはダメなのです。

不景気の株高とは、まさにこんな感じで起こるのだと思っています。

まあ、どうなるかはその時になってみないと分かりませんが、とにかく方向を決めつけずに見て行くのが大事だと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。

225は8連騰ですね・・・。

正直、全く予想できませんでしたし、どうせMSQへ向けての仕掛けであろうと、完全に冷めた目で見ておりました。

しかし、現実は違い、空売りを巻き込みつつ、どんどん踏み上げて行っているのです。

環境的には有り得ないと思っていたのですが、今思えば、こうした動きになると予想される動きは色々なところにありました。

一番はトランプ大統領があまりにも静かだった事です。

先月末に中国に対して追加関税を発動すると発表し、中国もそれに応酬した訳ですが、その後ぱったりとやり取りが止まっていたのです。

これが何とも不気味で、てっきりトランプ大統領は本格的攻撃を準備し、それを実行するために相手の動きを待っているのではないかと思っていたのです。

特に中国は911一帯一路会議会議が香港で行われる予定でしたし、101国慶節を控えていますからね・・・。

これを前に香港で流血事件に発展するのではないかと思い、それに対する報復措置で中国にとどめを刺す。

こんなシナリオが私の頭にあった訳ですが、それにしても静かだったのです。

ここ数日は何か変化が起こっているのではないかと色々疑いながら、調べたり考えたりしていたのですが、その答えが昨日になって出てきました。

何と中国が報復関税の一部を撤廃するというのです。

対抗できるはずもない対抗だったのですが、折れるのが早過ぎる・・・。

もっと根性があると思っていたのですが、それだけ経済が困窮してきているという事なのでしょう。

中国は折れるはずがないし、死ぬまで突っ走ると思っていたのですが、トップを変えずにこの方針転換。

完全に予想外の展開ですが、それならば売買方針を変えるまでで、様子見としていた売買方針を強気買いに切り替えるだけです。

とりあえず、10月以降は消費税増税の悪影響が出てくるので、危ないと思っていますが、最低でも10月までは強気で行けるでしょう。

政府もここで株が暴落されては困るでしょうし、強気相場は各方面から維持されそうです。

ただ、日本経済にとっては最悪の結果になるでしょう。

株価が高い状態で消費税が増税されれば、景気対策が温くなる可能性がありますからね。

まあ、そもそも増税で景気が悪くなるからバラマキ・・・という流れが意味不明過ぎるのですけどね。

それと、改めて言っておきたいのですが、軽減税率というのは本当にバカの所業ですね。

これなら全部10%の方がまだましだと思っています。

消費者としては不便であるというだけの話ですが、小売りからすれば業務が増える悲惨な話です。

経理も大変でしょうし、レジ打ちだって大変です。

売り上げも普通に減るでしょうし、10月以降は小売りが悲惨な事になりそうな気がしてなりません。

厳選した銘柄は買いで良いのですが、10月以降は売りも考えて行かねばならないとは思っているところです。




さて、今日はある銘柄を強力に推奨したのですが、更に割り切りで面白くなりそうな銘柄を推奨します。

明日が決算発表予定のボロ株なのですが、どうも数字がかなり良いらしいのですよね・・・。

本当かどうかは分かりませんし、底値からは上昇し始めておりますので多少リスクは高めですが、期待通りの決算ならば倍増も夢ではないかと思っているところです。

悪いと2割ぐらい値下がりするかも知れませんが・・・。

倍増期待のリスクとしての3割減。

これをどう判断するかは本人次第です。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。