大震災発生直後、この震災による下げは日経平均で1000円から1500円との試算をしたのですが、東電の原発事故によってそれを超える超暴落が発生してしまいました。しかし、東電株が、額面割れまで売られたことにより、大分市場全体に対する影響は薄れてきましたし、日経平均も当初想定していた水準まで戻ってくることが出来ました。

あれほどの超暴落であったのですから、おそらくは相当な二次被害が金融界にも出てくるだろうと見ておりまして、特に買い続けてきていた外資は相当な被害が出るだろうと見ていたのですが、この超暴落で売らされるどころか、前代未聞の買い越しを実行して来たのです。いくら何でもそこまで買えるものなのか!?と、困惑もしたのですが、元々世界から見れば出遅れていた日本株ですし、被害は限定的と言っても過言ではないのです。 → ranking

問題が残っているとすれば、原発事故が上手く片付くのかの一点であり、後は何とでもなると言った感じでしょうし、こんなにも安く買えるチャンスは他にはないといったところでしょうか。盛んに危険性を煽ったりはしておりますが、外資はぶれることなく日本株を買い続けているのです。

ただ、世界の株価とニュースを見ていると、とにかく多くの国で悪材料が無視され続けています。悪いが故の金融緩和であり、そこから生まれた株高作戦でありますので、あえて悪材料には目を向けないという事なのだとは思いますが、それにしてもあまりに多くの悪材料を無視し続けております。 → ranking

日本にしても、震災から3週間も過ぎたというのに、停電の影響があるとしても、あまりにも経済活動が停滞しすぎていると言えるでしょう。この辺を評価しようとすれば、これは更に1000円下がってもおかしくない状況といえるのですが、おそらくはそこまで押すならまたも買われていく事になるでしょう。

いつどこでこの株高作戦が壊れてもおかしくはないのですが、多くの先進国が共同戦線を張っているので、おそらくはこの流れは当分変わらないのでしょう。本来ならば、誰かが「それはおかしい!」と指摘するようなことが、全て無視されておりますし、誰も指摘しようとしませんからね・・・。 → ranking

と言う訳でありますので、かなり怖い状況ではあるのですが、基本は買いで行くべきであるのです。ただ、基本さえ守ればどれでも良いとは思いますが、お勧めのセクターや、銘柄の選定方法はあります。それはまた別の機会に説明させて頂きたいと思います。

メンバー向けには為替動向、個別銘柄など、より実践的なレポートを発行しております。もちろんですが、私は勝利を保証している訳ではありませんし、予想が外れる事もありますので、入会すれば必ず儲かるとは言えません。ただ、右も左も分からずに投資しているよりは、かなりの力強さを感じる事が出来るでしょう。

なお期間限定ですが、全額返金キャンペーンも行っておりますので、チャンスを逃さないために是非一度だけでもご利用してみてください。

会費以上のコストパフォーマンスの高い情報を配信できると思います。

お申し込みはこちらから ⇒ http://soubakan.com/

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。