昨日為替が1ドル76円台まで急進し、市場最高値を更新しました。神戸や新潟の地震の経験から、生命保険や地震保険などの支払いなどにお金が必要となり、海外資産を売って円を買う動きが出ると言うことは、既に震災直後にレポートしていた事ですが、政府の見解はそのような物ではありませんでした。

政府の見解によれば、それらの支払い原資は国内資産で十分で、外国資産を売る必要は無いようだとしておりましたが、過去の震災の規模を遙かに上回る被害が出ているのに、今回は国内資産だけで間に合うと言うことはないのです。 → ranking

確かに国内資産だけで支払いは可能でしょうし、支払いが困難になることもないでしょう。しかし、国内資産だけの売却ではそれこそ日本国債の暴落の可能性も出てきますし、そんなにアンバランスな現金化はしないだろうと言うことになります。

生保側は、海外資産を売却しないと言っている訳ではなく、目先はやはり円高に傾くだろうと見ておりますが、本来こんな事はちょっと相場を知っていれば簡単に予想できることであり、これをネタにヘッジファンドに遊ばれるなんて事は愚の骨頂なのです。 → ranking

ここでも政府の無能ぶりが露呈されているのですが、もう一度円高になれば、今度は政府も介入を決断することでしょう。昨日の76円は、このまま介入しないと大変な事になるから、ちゃんと介入しろよ!という生保側からの圧力のようなものと考えても良いでしょう。

どこまで行けば落ち着くのかは分かりませんが、今後もいろいろと問題は出てくるかと思います。今はとても復興しそうもないと思われるぐらいに悲惨な状況が続いておりますが、それでも復興する時はくるでしょう。常に変化を読み、取り残されないようにしたいものです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。