よく、これに類似した宣伝文句を眼にしませんか?あたかも誰でも勝てそうな宣伝文句で、読めば勝てるかのような甘い言葉・・・。しかし、これで成功したなどという話を身近に聞いたことは一度もありません。それは、成功者が黙っているから?いえ、実際にそんな人は居ないのです。

 もちろんですが、一時は勝者となる事もあります。しかし、勝利の幅が大きければ大きいほどに、その後に酷い失敗をします。相場では、株も、為替も、商品も、みんな同じであるのですが、必ず不測の事態というものが起こるのです。いやいや、私はロスカットの注文を入れているから大丈夫!なんて話も聞きますが、そういう人は相場の本当の恐ろしさを知らないだけです。 → ranking

 相場と言うものは、大きな事件事故が起こった後、完全な売り気配となり値段が付かなくなる可能性があるのです。例えロスカットの注文を入れていても、二日も三日も値段が付かないという事もあるのです。滅多にあることではないのですが、毎日毎日病気のように売買をしていれば、そうした事態に遭う可能性は必然的に高まるということになります。

 はっきりと申しておきますが、誰が何と言おうとも相場の世界に必勝法はありません。チャートをいくら研究しようとも、どれだけ情報を集めようとも、何か新しい法則を考え出そうとも、全ては無駄です。どこにも必勝法などはないし、作り出すことも出来ません。楽して儲けるなんて事は不可能なのです。

 ただし、多くの情報を集め、状況を分析し、世の中の状態を見極め、検討を重ねれば勝利できる可能性はかなり高くなると言えます。これは、日々の変化を見て取り、過去の経験に合わせて動きを予測するという感じなのですが、臨機応変にいろいろなものを組み合わせて行かなくてはならないので、これを必勝法としてまとめてしまう事は不可能なのです。 → ranking

 もし、必勝法があるとするならば、楽をしようとせず、常に相場に向き合い、それを理解しようとすることですが、これは非常に難しいし、習得するまでには時間もかかります。そのため、私は私にもてる力のほぼ全てを公開し、投資家の役に立ててもらおうと考えて活動を続けていますが、私も日々勉強であり、これで完璧というものはありません。

 一つ、悲惨な末路をたどった投資家の話をしておきましょう。株で必勝法を見つけたと錯覚した彼は、巨額の投資を実行し、ものすごい利益を手にしました。当然の如く彼は仕事を辞め、株の世界に没頭します。しかし、ある日予想外の動きが起こり、全ては水の泡に、そして、何を買っても上手く行かないという状態に陥り、既に仕事にも復帰できない彼は、絶望にうちひしがれ、ついには自殺してしまいました。

 まあ、もっと悲惨な話があるのですが、悲惨すぎて・・・。彼の不幸は、相場の怖さを知る前に大儲けしてしまった事、必勝法を見つけたと勘違いしてしまった事、この二つが大きく影響しているのですが、普段の行いが良ければここまで行く前にどこかで踏みとどまれたかも知れません。残念な事ではありますが、欲が大きすぎたのでしょうね。勝利するためには相応の欲というものも必要であるとも言えるでしょう。 → ranking

 誰が何と言おうとも、明日のことは誰にも分かりません。しかし、多くの投資家が明日も普通にやってくると勘違いをし、考えられないほどのレバレッジをかけて投資活動をしています。一時は大成功する事もあるでしょう。しかし、結局は100連勝したって1敗で全てを失うケースがほとんどであります。特に、毎日売買をひっきりなしに続けている人は、休み休み投資活動をしている人の何倍もの確率で悲劇に見舞われるのです。

 この世界に絶対はありません。どんなガイドを見て、どんな知恵を付けたところで簡単に勝てるなんて事はあり得ません。その辺をよく考え、自制心を持ってしっかりと相場に向き合っていくべきです。自制心を持ってしっかりと行動すれば、資産を守り、更には増やしていける様になるのです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。