NYダウの反発を受けて、反発して始まった東京株式市場ですが、NASDAQは3日続落となっており、米もまた調整局面であるということがここに現れていると考えることが出来、東京の反発を素直に喜ぶ事は出来ないのではないかと考えており、基本的に強気の投資スタンスではあるのですが、目先は買えないというのが正直な感想です。

 特に、個人投資家が買い付いてきており、やっと買う気になったのは良いのですが、どうも限度を知らないというか、買い方を知らないというか、こんな下手に買われれば調整になっても当然だろうとしか言いようがありません。

 また、その買い方でありますが、資金の45%は先物であると言うことで、もはや投資と言うよりもギャンブルの世界であり、そんなものが簡単に利食いできる訳がないのです。何故か?個人の先物の知識では、ちょっと下げさせれば売らされるのが目に見えているので、その上値を買ってやろうなどとは誰も考えないからです。

 今、相場は確かに上に向いているとは思います。ただ、その理由はあくまでもカネ余りであり、業績が拡大するという現実的な理由ではないため、下げたら下げたで、それはそれで納得のいく状態であるのです。上値を買うかどうかは金持ちの裁量であり、ギャンブル資金を儲けさせる様な事はしないのです。

 そもそも先物とは、現物株を持っていて、目先下がる局面が来そうだという時に、その値下がり分をヘッジするためなどに使われるものであり、それだけをメインにして売買するのは非常に危険なのです。余裕を持たせられれば良いのですが、簡単に買えてしまうため、一度やり出すと止められなくなるのです。特に一度でも大幅利食いなんかしてしまうと、もはやその人の投資人生は終わったも同然です。どんなギャンブルよりも魔力が強いですからね・・・。

 全体的に見れば、今は間違いなく投資の好機です。しかし、そのやり方を間違えば、単に資産をなくすだけのいつもの株式市場と何ら変わりはありません。全体の空気を読み、しっかりとした対応をして行かなくては、これほど怖い世界もありません。どんなギャンブルよりもリスクが少なく、楽しく、しかも賢くなれる株の売買ですが、それが故に最悪の結果にもなるのです。どうか、道を踏み外さぬよう、しっかりと流れを見極めて行動して頂ければと思います。

 長期では買いですが、ここは買いではありません。この空気が分からなければ、投資活動などすべきではありません。せめて、分かる人に相談するようにしていくべきでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。