休み明けのNYは50ドル高と続伸し、1万2000ドルがじわじわと近づいて来ました。住宅バブルの最高潮だった07年のスタートが1万2000ドル付近で、その年に1万4000ドルを超えた訳ですが、このバブルの処理も終わっていないというのに、株価だけはこの水準まで来てしまったということになるのです。いったいどこまで行くのかは、ちょっと想像しにくいのですが、ここまで来てもこれで終わらせるつもりはないだろうな・・・という感じはします。

 とりあえず、世がインフレになろうとも、例えば株価が07年水準を抜けば、株式自体が不良債権になることはありませんし、金融機関の財務状況が株式市場の値上がりによって改善してくれば、住宅価格なども回復していくという計算であるのです。食料価格がどれほど上がろうとも、彼らにとって重要なのはそれらとは縁遠い金融商品関係などの値上がりでありますので、一般人にとっては非常に不幸な政策であるとしかいいようがありません。

 そして、これが米だけの話であるならば、これは見て見ぬふりで良いのですが、何せ地球の裏側とはいえ、重要な同盟国でありますし、金融の世界に遠いも近いもない訳で、現実的にこれを見て見ぬふりとする訳にはいかないのです。物価上昇に耐えきれずに崩壊したチュニジア政権は、ほんの始まりに過ぎず、今後も軟弱な国は米のばらまいたマネーにより、相当酷い目に遭わされる事になるでしょう。今は円高によってインフレの影響が少なく済んでおりますが、いずれはこの円高を超えた物価上昇が日本をも襲うこととなるでしょう。

 マネーをばらまけばどんなことが起こるのか!?これほどの規模でばらまく事は経験したことがありませんし、将来像がはっきりと見えている訳ではありませんが、間違いなく物価は上昇するだろうということはいえるはずなのです。そして、現実に穀物、原油、鉱石など、ありとあらゆる物が高騰を続けているのです。

 今日も新聞では投機マネーがこれらコモディティー関連に流れ込み・・・という記事がありますが、現在の水準は既に実需である可能性が高く、この資源高を投機マネーのせいにし、それを規制しようだとか、監視しようだとかいう方向に持っていくのは危険であると言えます。もし、こうした方向でこれらの高騰が抑えられると勘違いした行動をとってしまうと、それはもう取り返しの付かない結果となる可能性が高いのです。

 目先の事となりますが、今夜は米の住宅着工指数が発表になりますが、おそらくは良い数字は出てこないでしょう。そして、おそらくは目先円高ということになりますので、米が株高だとしても日本がそれに追随してという単純な形とはなりにくいと考えますし、騰落レシオを見ても分かるのですが、まだまだ過熱感の強い状態でありますので、このまま上昇を再開する可能性はそれ程高くはないと見るべきでしょう。

 ただ、個別は別です。今日の気配を見てみないと分かりませんが、流石にここまで来れば目先天井か!?という感じはするのですが、ほぼ3倍増を達成した4098チタン工業。動きは本当に化け物級であり、それでも尚上昇するということもあるかも知れません。常識だけで見ていては取り切れないと思いますが、こうした常識破りの動きに有効なのは一部利益確定であります。全てを天井で売ろうと思っても無理!一部を利食いし、残りはゆっくり高値圏を狙うというのがベストでしょう。

 ちなみにですが、おそらくは材料含みであり、相場が終わったとしても地に落ちる事はないでしょう。ただ、こんなところで買えば、それはその後にどうなっても知りませんが、平均仕込み値の200円位まで落ちるようなことは当分ないと見ておいて良いのではないでしょうか。

 また、新春特別銘柄として年末から買い始めた3036アルコニックスですが、こちらもまた順調な値上がりとなっております。珍しく目標と期間をレポートしている銘柄で、それが達成出来るかどうかが気になるところですが、今のところは達成出来そうな感じが強いように思います。ここまで来ればどこで利食いしても良いとは思いますので、ここからは期間や株価にこだわらずに対応して頂ければと思います。

 本当に、あり得ないぐらい日本人は今の状況を勘違いしており、おそらく今でも多くの人がデフレであると思っているでしょう。そして、デフレではなくインフレだ!と気がついた時に、まだ投資できる先が残っていれば良いのですが、どれもこれも高値圏ということになると、とてもではないが手も足も出ないということになりかねません。また、投資と無縁の生活をしていると、投資が必要だと思っても何をどうしたら良いか分からなくなり、結局はつまらない詐欺の餌食となるのです。

 まだ、多くの人がデフレだと勘違いしている内に、一日でも早くまともな投資の世界に入っていくことをお勧め致します。準備さえしっかりしておけば、インフレだって何とかなります!まあ、資産が目減りするだけであり、命を取られる訳ではないので、必要以上に恐れることはないのですけどね・・・。

 まじめに投資活動をしていきたいと考えている方の来訪をお待ちしております。質問は大歓迎です!投資に関することなら何でも聞いてください!ただし、個別で対応する事はありませんし、取り上げていない個別銘柄への対応は、質問者以外の多くの方にとって有意義だと判断した場合に限ります。予めご了承ください。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。