一昨日、増資を発表したケンウッドがS高となりました。数年前まではよく見られた光景ですが、ここ何年かは増資=株価下落でありましたので、久しぶりにこんな反応を見たといった感じでありました。同社がこの増資によって業績の変化に期待できるとか、そんな話ではなく、増資を警戒したカラ売りが踏まれたとか、そういう物理的要因であるとは思いますし、増資に絡んだ売り叩きは規制しようという動きもありますので、それ程驚く様な事でもないのですが、一つの流れの変化であろうという感じがするのです。

 そして、昨日はりそなに増資期待が高まり株価が大幅に上昇し、大引け後に6000億円規模の増資を発表しました。こういうのをインサイダー取引と言うのではないか?という突っ込みを入れたいところですが、今日はそちらにはスポットを当てません。スポットを当てるべきところは、またしても増資=株価下落ではないという点です。

 ケンウッドはそれ程驚かなかったのですが、去年までは銀行を避けて来た訳ですが、ここへ来て増資を材料に銀行に大量の資金が流れ込むというのは、非常に驚きました。これもまたカラ売りが踏まれている状態であるとは思うのですが、それにしてもこの反応は意外であるとしか言いようがありませんが、数年前までは普通に見られた光景ですし、これがおかしいという訳ではなく、注目したいのは、あくまでもこの反応の変化であります。

 だから上昇なのだと言うにはちょっと強引ではあるのですが、明らかに相場は変化してきていると言えるでしょう。今後も反応を見て行かなくてはなりませんが、いつまでも増資=株価下落だと考えていると、手痛い失敗となるでしょう。

 また、増資後に株価が低迷している企業も、そろそろ株価に変化が現れてくるかも知れません。株の世界に常識なんてものはなく、常に起こる変化を読み解けるかどうかが、重要なポイントとなるのです。

 ここまで上昇してきて、やっと買い始めた個人ですが、本当に安いところはほとんど外資に持って行かれております。まだまだ取り返せる状況ではありますが、かなり不利であるのも確かです。ここから買いに行くのは怖いでしょうけれども、この変化は非常に重要な変化だと思いますし、まだまだ買える事を表しているのではないかと思います。買うかどうかは個人の自由ですが、私はここまで来ても、まだまだ強気で攻めていく事をお勧め致します。 

 さて、今後の投資方針ですが、ここからはメンバー専用となります。新春特別銘柄もご用意しておりますので、興味のある方はご入会頂ければと思います。メンバー向けには為替動向、個別銘柄など、より実践的なレポートを発行しております。もちろんですが、私は勝利を保証している訳ではありませんし、予想が外れる事もありますので、入会すれば必ず儲かるとは言えません。ただ、右も左も分からずに投資しているよりは、かなりの力強さを感じる事が出来るでしょう。最後に勝利できるかどうかは、結局自分次第でありますが、私は必ずやあなたのお力になるでしょう。

お申し込みはこちらから ⇒ http://soubakan.com/

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。