あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。今年も当たり前のように年が明け、2011年の相場が始まりました。あの911のテロから10年が経つ訳ですが、今年はどんな一年になるのでしょうか。年明けの日経新聞は暗い記事ばかりでありましたが、ある意味わかりきった事ばかりであり、暗さをそのまま株価の先行きに当てはめると、それは先行きを見損なう結果になるだろうという感じが強いと思いました。

 少子高齢化社会が進み、政治は腐り果て、借金は膨らむ一方。確かに明るいニュースはありませんが、株価はどんどん下に行っておりますでしょうか?多くの個人投資家はこうした報道により、完全に相場というものを勘違いしてしまっている様で、なだれ込む外資系の買いに対しての主要な売り客という事になっております。

 確かに景気は良くないですし、就職率も良くはありません。これで先行きが明るいと感じる方がどうかしている訳で、売りも当然であるとは思いますが、相場の世界はそう単純なものではないのです。ここではっきりと言っておきますが、個人が好景気を実感するようになったら、それはもう相場の終わりを指しており、そこから投資をしようというのは大きな間違いであり、そんな事ばかりをするからいつまで経っても日本の多くの個人投資家は株の世界から利益を得る事が出来ないのです。こんなにも手数料が安く、何とも恵まれた環境であるにも関わらずにです・・・。

 また、この相場は景気の回復に対して期待をしている訳ではなく、あくまでも景気の悪化を防ぐためにばらまかれているマネーが世界中に溢れており、それが株や商品の価値を押し上げているだけでありますので、この本質を見抜けずに居るのは非常に愚かな事であるとしか言いようがありません。

 相場とはどんなもので、そして今はどんな状況なのか?これをしっかりと理解して始めて株式投資で利益を得る事が出来るのですが、パチンコの攻略法と違って、根拠のない迷信との戦いとは違うのです。しっかりと分析していけば、後に残るのは天災や人災といった偶発的な出来事や、テロや戦争といった危険は残るのですが、株がどうにもならないような状況というのは、国家そのものがどうにもならないような状況であるとも言えるので、そうなったら全てを諦めるしかないという事になりますので、それはそれで覚悟しておけば済む事であると言えるでしょう。何とも公平で、夢のある世界でありましょうか。

 さて、肝心の2011年相場ですが、わかりきった問題ではありますが、一応ユーロや中国に多くの問題がありますし、米にもQE2を除けば問題山積でありますし、日本もまた問題山積どころか、右も左も山積だらけといった感じで、非常に暗そうな感じであるし、どこかで非常に暗い場面もある事でしょう。

 しかし、とりあえず春先ぐらいまでは非常に好調な値動きとなる可能性が高く、225平均は多くのアナリストの予想のように1万2000円以上にはなるでしょう。ただ、私の予想は更に上を見ており、多くのアナリストの予想するような程度で終わるとは考えておりませんし、彼らが予想するような内容の評価での上昇予測ではありません。

 年末も恐れずに買い越しをレポートさせて頂いており、新年早々好調な上昇を味わっているのですが、本番はまだまだこれからであります。どうして上がるのか?そして、どんな銘柄を買っていけば良いのか?とりあえず、売ろうと思ってはなりません。売るべき時は来ますが、今はその時ではありません。その時が来るまで、しっかりと強気姿勢を貫いて行きたいところです。

 さて、今後の投資方針ですが、ここからはメンバー専用となります。新春特別銘柄もご用意しておりますので、興味のある方はご入会頂ければと思います。メンバー向けには為替動向、個別銘柄など、より実践的なレポートを発行しております。もちろんですが、私は勝利を保証している訳ではありませんし、予想が外れる事もありますので、入会すれば必ず儲かるとは言えません。ただ、右も左も分からずに投資しているよりは、かなりの力強さを感じる事が出来るでしょう。最後に勝利できるかどうかは、結局自分次第でありますが、私は必ずやあなたのお力になるでしょう。

お申し込みはこちらから ⇒ http://soubakan.com/

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。