世界では穀物価格、鉱物価格、原油価格、ほぼ全ての物価が上昇しているのですが、円高が支えとなっている日本に住んでいると、どうもそうした実感は湧いてきませんが、多くの国では物価上昇というインフレをどうやって退治しようかと躍起になっているのです。

 もちろんこのインフレの原因は、サブプライムショックに始まり、リーマンショックが引き起こされ、世界同時不況となったものを何とかしようという事で実行されているQE(金融緩和)ですが、取り分け米のQE2の影響は凄まじく、世界の物価を高騰させている主因となっているのは明らかでありましょう。

 日本もまたQE政策をとっているのですが、他国と違ってカラクリを使いながらで、しかも勝手にではありますが、国民の預貯金を担保に国債を発行しているので、円が売られないという状況となっている為に、円が上昇して物価の上昇を感じずに済んでおります。これは良いのか、それとも悪いのか・・・と考えると、目先は良くても将来は・・・という感じであります。放置すれば必ずや悲惨なしっぺ返しを受ける事になるでしょう。

 今朝の日経新聞トップの記事ですが、国が頼みとしている個人資産が、円高と新興国の成長期待で外貨へのシフトが鮮明になっているというのです。資源インフレの主因は米のQE2である事に変わりはありませんが、日本もまたその片棒を担いでいる状態であると言えそうですが、問題はそれだけにとどまりません。目先は円高を抑える効果になっているとしても、日本の国債を支えているのは間違いなく個人マネーです。預貯金という形で銀行や生保に預けているだけで、それが国債に化けている訳ですから、それらが外貨へ向い続ければ、いずれ日本はパンクしてしまいます。

 私は1年以上前からこの危機を予告し、ドルの売りを推奨したり、ゴールドの買いを推奨したりしてきましたが、やっとそうした危機が認識されるようになってきたのだろうか?とも思うのですが、単に新興国の方が金利が高いという浅はかな考えで資金シフトしているとするならば、それはそれで大変憂慮すべき問題であると言う事になるかも知れません。

 まず、新興国通貨がどういうものかと言えば、非常に換金性が悪く、常にデフォルトがつきまとうものだという事が言えます。金利が高いのは、単に景気が良いだけではなく、そうでもしなければ資金調達が出来ないという面もあると言う事を忘れてはなりません。今は未だ良いでしょうけれども、必ず流れが変わる時が来ますので、外貨へシフトするのも良いのですが、皆が向かうよう先はあまりお勧めできませんし、外貨に関してはレアなものへ投資するよりは、出来る限りメジャーなものの先を読んで投資する事をお勧めします。

 まあ、円は危険な状態になっていくと思いますし、最終的には避難しなくてはならないだろうとは思いますが、本当に今がその時なのでしょうか?日本株は出遅れていると思いますし、外資は連日連夜日本株を買い増ししており、外資から向かってくる資金で円高になるのを、個人資金の海外流出がお助けしているだけではないでしょうか?

 いずれは円は売らなくてはならないと思いますが、今はその時ではないだろうと思いますし、だからこそ私は現時点で他の通貨への投資はお勧めしていないのです。まあ、買うなら資源国通貨だろうとは思いますが、海外シフトをするならば・・・程度の話であり、今は日本株の方がよほど効率的であろうと考えております。

 結局、全てはタイミングであると考えており、そうしたタイミングが来るまでは下手な事はしないようにしたいものです。過去にも外貨ブームが訪れましたが、結局利益を出した人など一握りであり、多くは撃沈してしまいました。何せ誰も1ドルが80円台になるなんて考えていなかったのですから・・・。

 もし、この80円台が良いところだと考えているならば、それは大変危険な事であります。目先は動く要素が見えませんが、いずれこれが更に円高になる局面も来る事でしょう。いつも負けるのは個人投資家でありますが、やはり今回もそういう流れになっていく可能性が高そうです。

 日本はインフレにはならないのか?という事も考える方がいらっしゃるかも知れませんが、多くは海外で溢れているマネーが原因でのインフレであり、本格的に資金の流出が始まれば、あっという間にインフレになってしまう事でしょう。為替がここで落ち着いたとしても、世界の物価は上がり続けておりますし、米の姿勢に変化がないのですから、更に物価は上がるはずなのです。となれば、インフレにならない方がおかしい訳で、いずれは円高の方が良かった・・・。そんな泣き言が聞こえる日も近いと言えそうです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。