バーナンキ氏が、「インフレにはならない」と発言しましたが、現実は既にインフレになっていますし、それだけインフレにはなって欲しくないという考えが強いのでしょう。いずれはインフレとしても、今は未だ早過ぎるといった感じかも知れませんが、とにかくこの発言には違和感を感じてしまいます。

 昨日のNYでの商品取引は、全てではありませんが、金、銀、原油、大豆等が高値更新となってきておりますし、これをインフレと呼ばずに何と呼んだらいいのか?私にはこれ以外に適当な言葉を当てはめることが出来ません。

 また、NYダウは200ドル以上も高く、直近高値を更に更新してきておりますが、明らかに米の金融政策を背景にしたカネ余りを要因とした株高であり、これもまたインフレの表れという事になるでしょう。

 既に2年近く前から、インフレになる事を予測し、一貫してその旨をレポートし続けておりますし、予想通りにインフレになってきていると考えますが、バーナンキ氏はこれでもインフレにはならないといっているのですから、とりあえず、ここまでもインフレではなかったという事になるのでしょう。

こんな状態であるのに、インフレにはならないというのですから、彼がインフレを認めるとすれば、相当色々なものが値上がりしてからという事になるでしょうし、当分金融の引き締めはないと考えて良いという事になるでしょう。

 我々日本人は、急激な円高によって守られてきましたから、商品の値上がりを感じずに生活してくる事が出来ましたので、世界中のどの国よりも幸せだったはずなのですが、それが故に感覚が呆けてしまったともいえるかも知れません。

 まあ、企業が円高じゃ生き残れないとか、そんな話ばかりをしておりますから、日本はダメだと思ってしまうのかも知れませんが、多くの企業がとんでもない業績を叩き出しているのは、円高が悪い事ばかりではないということの表れでもあるといえるのです。

 今後、誰が何といおうとも世界はインフレになるでしょうし、出遅れた日本株も上昇していく事になるでしょう。自信消失の状態では何を買ったらいいのかも分からないとは思いますが、買うべき銘柄は沢山あります。どれでも良いとはいいませんが、選別さえ間違わなければ良い結果を残せることになるでしょう。

 デフレは現金が一番価値が高かったのですが、インフレは現金の価値が最低となるのです。とるべき行動を間違えれば、この先非常に苦労する事になるでしょうね・・・。

 どのように行動して良いのかお迷いの方は、ただいま11月度新規メンバーの募集中ですので、メンバー専用レポートを参考に投資対象を絞ってみてください。直近でも上昇している銘柄がありますが、一級推奨銘柄を含めて本番はこれからというものがほとんどであります。円高・・円高と、皆と一緒に悲観して皆と同じ行動をとっていては株式投資で利益を得ることはまずできません。私と一緒にチャンスをモノにして投資で利益を得たい方々の積極的なチャレンジをお待ちしております。


  お申し込みはこちらから → http://soubakan.com/

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。