景気回復への期待というよりも、金融緩和によるカネ余りを材料に世界中で株価が上昇しているのですが、他国の緩和に比べて手ぬるい緩和しか出来ない日本の通貨は相対的に買われる事となってしまい、こんなにも景気が悪くなってきているというのに世界一高い通貨という事になってしまっております。

 そして、世界一高い通貨であるが故に、輸出企業の業績は圧迫される事となると判断され、特に個人投資家がそれを懸念材料として株を売却、またはカラ売りという形で対応している為、日経平均採用銘柄以外の多くの銘柄は新安値を更新するほどに売り込まれていたりするのです。

 冷静に考えれば、世界中で資源が高騰している訳で、輸出企業も資源を輸入に頼っているのですから、問題は国内の労働賃金ぐらいなもので、時間をかけた円高の進行であれば輸出企業にとってはデメリットばかりでもないのですが、当の輸出企業のお偉いさん達も、円高はまずいと口をそろえて不調をアピールするものですから、投資家は不安になっても当然かとも思います。

 確かに目先の利益に関しては円高はマイナスでしょうし、不調を訴えて政府にお金を出させたいという面もあるのでしょうけれども、投資家がその言葉に乗せられては利益は出ないと思って良いでしょう。

 今、世界で起こっているのは、ばら撒きによるマネーの膨張によるインフレなのです。20年以上もデフレが続いているし、円高によって守られている為に気づいていない方も多いのかも知れませんが、このデフレは既に終わっていると見るべきであり、これから物価は上がっていくと考えるべきなのです。

 個人投資家が次々と株を売却し、カラ売りを入れている状態ですが、既に日経平均は底値を離れ、1万円も見えようかといったポジションまで上昇してきております。基本的にある材料は、業績がどうとかというレベルではなく、どれほどインフレが進むか?という点だけだといっても過言ではないぐらいなのです。

 日銀は思いの外頑張ったなという感じはしますが、肝心の政府は相変わらず国民生活とは全く関係のない争いをしておりますし、もはや介入は役に立たないのは明白であるため、円高はジワジワと進んでいく事でしょう。まあ、どうせ介入など最初から時間稼ぎの役しか出来ない訳ですし、ジワジワと進む円高ならば御の字という事になりますが、余りに政府が無能であるならば、円高が加速してしまう可能性もあるのです。今一番怖い事といったら、おそらくはこの材料かも知れません。

 円高を見る度に相場は下値を試したりするとは思いますが、基本は上と見るべきで、弱気になる必要などないと考えますが、底値からは大分上昇してきてしまっておりますし、そう簡単に上昇が加速するとは思えませんので、なかなか買いづらいのも確かですが、幸いにして個別は新安値を更新するようなものが多数出るほどに痛んでいるのです。これは、個人が中心になって売らされているからという事になるのですが、ここから先の相場を考えるならば、是非ともこれを利用していくべきでありましょう。

 絶対に勘違いしてはならないのは、景気が良くなるかどうかという点は、特別考えられていないという点です。どれだけマネーが、どの投資商品に向かうか?これが今の相場のポイントでしょう。この空気が読めなければ、損失は拡大の一途となるでしょう。

 個人の含み損が増えていると言われる昨今の相場ですが、皆様の投資成績はいかがなものでしょうか。

 先月末に、相場の転換を予告し、弱いところを徹底的に買ってきたのですが、その分は予想通りの利食いとなったり、美味しい仕込みになったりもしておりますが、一応目標は9月末でもありましたので、問題はここからという事になります。ポイントは、ここで相場が下降に転じるのか?という点なのですが、皆様はどの様に見られておりますでしょうか。

 一般向けにははっきりと書きませんし、断片的なレポートとなってしまっておりますが、メンバー向けには日々最低二回はレポートを発行するようにしておりますし、継続的で有意義なレポートとご好評を頂いております。新興市場銘柄はあまり得意ではないので、ここのところの新興市場ブームには乗り損ねている感もありますが、腰を据えて取り組んでいる銘柄が上手い具合に上がっておりますし、得意でないものを無理にやる必要はないと考えておりますので、これはこれで良いであろうと判断しております。

 今まで厳しい状況が続いてきましたので、なかなか上手く行かない方も多かった事とは思うのですが、ここからもそうした状況になると思ったら大間違いとなる可能性が高いと思います。ここから更に下に行くと思ってカラ売りをしようものなら、それは大変な失敗になる可能性が高いかと思います。

 今、何をどうすべきなのか?利益を保証するわけではありませんが、勝つためのヒントが満載のメンバー専用レポートが一日二回は配信されますし、ここぞというタイミングでは臨時レポートも発行されます。臨時レポートでの勝率はかなりのもので、これを見逃しては優良レポートの価値は半減といっても過言ではありません。ザラ場にも受信できる環境を整えておけば、更に効果は大きくなる事でしょう。

 とにかく、多くの投資家の皆様に、相場とはなんたるものかをお伝えし、勝つための行動を徹底的にレポートしております。こんな難しい世界なのですから、独りで勝とうとしなくても良いのではないでしょうか。ご入会頂ければ、多くの個人投資家がこのレポートを読んでいる理由を理解する事が出来るでしょう。

 入会しても相場がなんなのかが分からず、勝つための行動も分からないで終わってしまうとしたら、たぶんどこへ行ってもこれ以上の結果を得る事は出来ないでしょう。その位自信をもってお届けしているレポートです。

 ご入会お待ちしております。
 
 お申し込みはこちらから → http://soubakan.com/

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。