まあ、元が0.1%でありますから、これが消えたから何だという意見もあるし、私自身もそう思うところではあるのですが、日銀に取っては最後の砦というか、心のよりどころといった感じであったであろうし、それ程意味はないとしても苦渋の決断だったのだろうとは思います。

 ただ、前回のゼロ金利政策の時と明らかに違うのは、当時よりも明らかに景気が悪化しており、社会自体が疲弊してしまっているという点です。本来、ゼロ金利ともなれば、銀行の収益が増加する事になりますので、基本的には銀行株は上昇して然るべきなのですが、銀行株は依然として地を這う株価となっているのです。

 これは、大手企業には既に資金は余っており、貸し出し需要がないという事と、資金を欲しがっている中小企業は返す気がないというか、景気が良くならなければ返せないという甘えた状態のところが多く、とても貸し出しには応じられないというのが現実なのです。幾らゼロ金利だからといっても、貸したものが返ってこなければ何の意味もないのです。

 せめて担保とする不動産の値下がりが止まれば良いのでしょうけれども、人口が減少し続けている状態は続いておりますし、いずれ団塊世代も消滅する事を考えるならば、不動産の値上がりというのはどう考えても現実的ではありません。どんなに頑張っても、せいぜい都心部が値を保つ程度ではないかと思われますので、銀行の貸し出し増加への道は険しいという事になるでしょう。

 また、自己資本比率が世界標準に比べると、まだまだ低いという点も、銀行の貸し出しを抑えており、一見評価出来そうなゼロ金利復活ではありますが、これだけではどうにもならないという点が非常に気になるところです。

 ここから先は、政治が何とかしなくてはならない部分なのですが、民主党の中核の小沢氏が強制起訴だとか、菅首相が廊下で温家宝首相と話をしただとか、何とも低レベルな話ばかりであり、もはや機能不全は明らかとしかいいようがありません。それでは、これが自民党だったら?と聞かれれば、それでもダメはダメであったとしかいいようがありませんが、もっと進んだ政治活動が出来る様な状態を作らなければ、この国は外資の食い物になって終わってしまいかねません。

 今の相場ですが、日々報道される円高への懸念で個人の投資意欲は過去最低といっても過言ではないぐらい落ち込んでいると思いますが、それが表れているのが多くの銘柄の新安値更新です。日経平均だけは上昇傾向なのに、新安値を更新する銘柄が続出しているのは、個人が円高は悪だという情報操作に嵌った結果であると言えるでしょう。

 確かに円高は輸出企業の収益を圧迫しますが、世界中で高騰する原材料が安く手に入る訳ですし、単純に悪い事ばかりでもないのですし、今注目すべきは為替がどうこうという事ではなく、世界にどれだけのマネーがあるかという事の方が重要なのです。

 NYの株価を見てください。失業率は10%前後で推移しており、企業収益だって別に飛び抜けて良くなっている訳ではないし、未来が明るくなったというほどではありませんが、株価はどんどん値上がりしていくのです。これは、溢れたマネーが株式市場に向かっているという事であると見るべきで、企業収益がどうとかいう話ではないのです。

 日本は、円高は不味いという事で個人を中心に投げが出ているので株価が低迷しておりますが、確実に安いところは外資に拾われていると見るべきです。この状況を分かった上で、売りたいというのであれば、それはもう売ればよろしいとは思いますが、それでは今後到来するインフレを乗り切る事は出来ないでしょう。世は間違いなくインフレへ向けて動き出しているのです。気づいてからでは遅いのです。

 例え目先は下げたとしても、その下げの正体さえ分かっていれば、うろたえる必要などないのです。ただ、その下げを冷静に分析する必要はあります。状況が変わっている可能性もありますので、その辺は信頼できる相談者などに意見を求めると良いでしょう。

 ただ、今の相場を見る限り、まともな意見を出せる人が国内にどれほど居るかな?とは思いますけどね・・・。


 ただいま10月度メンバー募集中です。私と一緒にチャンスをモノにしたい方のご入会お待ちしております。
 
 お申し込みはこちらから → http://soubakan.com/

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。