外資の動向、8月のFOMCと日銀の政策決定会合、株価と為替の動向・・・。これらを総合して考えた結果、政策的後押しにより相場が変化すると見ていたのですが、一番重要視していた日銀が無策であり、日本政府も相場を注意深く見守るという程度の発言に止まり、株価は変化するどころか市場は絶望にも似た悲壮感に包まれました。この局面でこんな事が!?という感じでありましたが、冷静に考えるならばこれもまた然りという感じでもありました。

 結局、景気が悪くなっていくのは予想されている事でありますし、このままでは再度悪くなるのは分かりきった事であるのですから、当分これ以上の悪い意味でのサプライズというものは起こりにくいのです。しかし、相場的には値幅は欲しい訳ですし、下には行って欲しくないとしても、値幅を取るためには多少なりと下押す場面もなくてはなりません。

 結局、政府が何らかのアクションを起こさなければ、この相場は持ち上がることはなく、相場を上げるも下げるも政治次第であるのです。とにかく値幅は欲しいが、状況的にあまり上げられないとなれば、押し目を作れば良い訳ですし、押し目を作るかどうかは政府の動向次第なのです。よって、今必要なのは企業の実力を読むよりも、政府の動向を読む方が重要かと思われます。 →ranking

 そこで、今後の予測になっていくのですが、米は雇用の悪化などを受けて利下げに踏み切るでしょうし、ドルは更に下落する事になりますが、それを指をくわえて見ているだけならば日本はこのまま終わるでしょう。しかし、余力が全くない国とは違いますので、そろそろ動きを見せてくることになるでしょう。当初の予測よりはずれておりますが、今後の日程や、政治的思惑を考えるならば、それ程遠くない未来に大きな動きが出てくる可能性を読み取ることが出来ます。

 この変化の兆しを捉える事が出来るかどうかが、これからの相場で利益を出せるかどうかにつながるかと思います。考えていたよりも更に厳しい状況ではありますが、ここで前を向けるかどうかで、その後の成績が大きく変わることでしょう。

 おそらく、目先は更に嫌な場面があるでしょう。しかし、条件が揃ったところを買いに行けば、かなり大きな利益を手にする事になると見ております。大きな上昇の前には大きな下落があることが多いですので、闇雲に出れば大けがをしてしまう可能性があります。その辺は十分に注意をして、ポイントを踏まえて行動してください。

 政府や日銀が何をしようとしているのか?この辺が重要なポイントとなりますが、この辺が読めていればかなり良い行動ができるでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。