今朝は日経新聞一面トップが「中国、日本国債の購入拡大」でありましたし、誰もが円の先高感を感じるような記事でありました。これでは円高が助長されてしまうのも仕方ないかといった感じではありますが、ちょっと冷静に考えてみれば、それほど大変な事が起こっている様には見えないのです。

 確かに買越額としては過去最大かとは思いますが、特別驚く様な金額を買っている訳ではありませんし、ユーロやドルが弱いから、仕方なく円を買っているというだけの話であります。日本国債を大量に買うということになれば、日本を認めるという事にもなりますので、政策的にそれは無理であろうというとしか言いようがありません。

 ユーロが回復傾向に入る可能性は低いので、円買いが続く可能性も否定はできないのですが、おそらくは今回のストレステストで何とか下落に歯止めはかけてくることでしょう。いくらユーロ安が輸出にプラスであるとしても、ユーロ圏は大部分のエネルギーを輸入に頼っているのですし、あまり急激なユーロ安は望んでいないはずですし、これ以上急激にユーロやドルが安くなれば、世界の経済が崩壊してしまいかねません。 →ranking

 ユーロや米から見ても、急激な為替の変動は良いことなしなのですが、特に日本の輸出企業は壊滅的ダメージを受けることとなりますし、本来は国が黙って見ていてはいけない状況なのです。そして、本来はこんな局面こそ何らかの声明を出すなり、介入をするなりで動きを調整すべきなのですが、出てくるのは円高を助長する財政再建の話ばかりであります。本当にどこまで無能なのだと呆れてしまいますが、問題があるとすればこの辺りでしょう。

 ただ、いくら何でもこのまま円高が止まらず、日本の輸出企業は壊滅という事態には至らせないだろうと見ております。安ければ買い向かう!今はこれしかないでしょう。こんな安いところで臆していては株で利益を上げるなんて事はできません。そろそろ年金の買いも観測できると思いますし、こうして更に円高になりそうな記事が出た時点で目先は最終局面と見るべきでしょう。この程度の円高は予想済みの事であり、今更騒ぐほどの事ではないのです。

 日経平均は安値を切ってきておりますが、材料株はそれほど下げてはおりません。輸出関連銘柄は悲惨なほどに売られたりしておりますが、こんな状況でも買いで十分にやれる相場なのです。押せばチャンス!ここは突撃のタイミングではないでしょうか!

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。