日経平均というか、世界の株価指数は大荒れの状態で、特別新しい悪材料が出ている訳でもないのに混乱の様相が強まっております。

個人投資家にとって受難の相場が続いておりますが、皆様の投資成績の方はいかがなものでしょうか?

東証の出来高を見ても分かると思うのですが、今日は投げが出た分でやや増えたものの、相対的には低水準の状態が続いております。これは、日本に限ったことではなく、世界一の株式市場を持つ米国でも同じような事が起こっているのです。

株というリスク資産を売却し、債権を中心とした低リスク資産に資金が集中している為にこうした流れになっているのですが、それと同時に大量のマネーも市場に供給され続けているのです。いくら低金利政策を続けるとは言っても、国債発行を元にした資金が市場に供給され、それが国債を買うという仕組みが何時までも続く訳がないのです。

ともなれば、いずれ低リスクであるはずの国債もハイリスクになる日が来る訳で、そうなった時は株の方が低リスクであり、ハイリターンの商品と言うことになるのです。

こうして出来高が少なく、やる気が起きない相場ではありますが、だからこそ今が低位に放置された優良株を買いに行くチャンスでもあるということです。

ただ、そのリターンが得られるタイミングは?と聞かれると、早くても数ヶ月。長ければ数年は必要となるかも知れません。何せ目先は誰が何と言おうともクラッシュが起こる気配はないのです。

今週末の米雇用統計が酷い数字であったならば、それが売り仕掛けのサインになるかも?多くの投資家がそう心配しておりますが、皆が心配するようなことが直接相場に現れるなんてことはまずありません。

多くの人がそう心配すればするほど、その様な事は起こりえないのです。しかし、いずれはクラッシュが起こる可能性が高いと見ておりますので、クラッシュ対策の買いは欠かせない訳ですが、目先は目先で稼いで行かなくてはいけない訳です。

本日は続落で175円まで落ちてしまった6440JUKIですが、仕込みは160円前後であり、高いところで半分を利益確定しておりますので、ここまで落ちても痛くないですし、再度買い場を探している状態です。何せ終わった気配は微塵もなく、落ち着きを待って再騰する可能性が高いのです。

この程度の動きで終わったのか?などという心配をする必要はいといえるでしょう。

まあ、相場が本当にクラッシュを起こせば、材料株とてひとたまりもないという事になるかとは思いますが、今はクラッシュが起こる気配はないのです。だったら攻めるしかない!これが今の相場に対する私の答えです。

そして、JUKIの裏銘柄としてご紹介している6205OKKですが、こちらはまだ25日線にも到達しておらず、調整が進んでいる形と思います。状況が急変すれば話は別ですが、とりあえずはチャンスと言うことで捉えていけば良いのではないでしょうか。

また、この裏には更に2銘柄が隠れているのですが、片方は小幅ではありますが綺麗に反発しており非常に楽しみな形となってきておりますし、もう一つの方は少々中身に難がある銘柄なのですが、値動き自体は一級品で、日経の暴落など微塵も感じさせない素晴らしい動きを続けております。

仕込むなら今の内という事になるでしょうね・・・。

ただ、これはあくまでも仕込み期間中であり、出発まではもう少し時間が掛かる可能性もあります。相場は軟調でありますし、多少根性は必要となるかも知れません。

相場が嫌になるほど売られる状態はそう長くは続かないと見ておりますが、ここから先で楽しめるのはやっぱり材料株だと思うのです。ただ、いくら何でも闇雲に買っていては勝てるはずもないので、買う場合のポイントなどメンバーには更に詳しいレポートをご提供させて頂きます。情報集め技を駆使すれば、勝率は必ずや上昇する事でありましょう!


皆が悲観して怖がるからこそチャンスがある。

あなたも悲観したままで良いのですか?
挑戦したい!そんな方の参加をお待ち申し上げております。


お申し込みは下記ホームページよりお願い致します。
http://soubakan.com/




最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。