民主党も随分強気に出てきましたね。思想の違う社民党を切り、お金に無頓着な鳩山首相と、お金に汚い小沢幹事長を追いやり、今度は支持率の急回復を受けて国民新党をも切りにかかりました。多くの国民は今朝のニュースで、やっとあの顔を毎日見ずに済むと、ほっと一安心という方が多いと思いますので、この辞任は更に支持率を回復させるどころか、高値更新という方向に行くかも知れません。民主党も随分思い切った行動に出た物です。

 ただ、その裏には公明党との連立が見え隠れしており、それで本当にその支持率が維持できるのか?という疑問があります。公明党との連立ともなれば、支持率は一気に急落してしまう可能性があるのではないかと思いますし、この強気の姿勢が民主党をどんな方向へ進めていくのかに注目しております。

 今国会で郵政を再国有化する!これを守れなかったから大臣を辞任するという事で、とにかく潔い決断には関心しましたが、そもそも郵便局員と、その周辺のファミリー企業以外の国民は郵政の再国有化を望んでいないのです。亀井氏を送り出している地元民はともかく、全国的には受け入れがたい政治家であることは確かだと思いますし、とりあえずは良い流れだと思います。 →ranking

 さて、株価の方ですが、亀井大臣の辞任がどんな影響を及ぼすか?郵貯の限度額が2000万円になったら、株へも資金が回ってくるのではないか?という憶測は一部でもありましたし、そういう意味ではマイナスも懸念されますが、基本的には正常な方向へ動いている様に見えますので、どちらかと言えば株価に対してはプラスに働くかも知れません。

 ただ、実は今の株価は現政権の評価で動いている訳ではなく、もっと大きな流れの中で動いているのです。確かに目先は少々影響する様な日もありますが、基本的には政治は無関係といっても過言ではないぐらいに、今の相場には無縁の存在だったりもします。世界の誰もが日本の政治には期待していないのです。昨日も書きましたが、願うのはただ一つ。「邪魔だけはするな!」という事だけなのです。

 こんな政治の世界とは別に、目先の相場の下落は転換点を迎えており、その変化をつかみ取っている方は、今日の相場で大喜びといったところでしょう。そして、今後も今の相場の注意点をしっっかりと抑えていけば、買いで利益を確保していける状態が続くと思います。どこまで続くかは、見通しが立ち次第レポートしたいと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。