今、日本の財政が危機に瀕しているのは小学生でも知っている位当たり前になってきておりますが、財政危機に対して本気で警戒している国民は皆無に等しいという何とも奇妙な状態であります。お人好しなのか?それとも単に鈍感なのか?それとも、ねじ曲がった集団意識なのか?いずれにしてもこのままでは、最後はパニックになるかな?という感じではあるのですが、この度発足した管内閣は、早速増税についての考えを披露し始めておりますので、財政危機に対する意識はとにかく高そうだという印象は受けました。

 ただ、増税は確実に企業や個人の活力を奪いますので、財政再建の為の手段が増税であるならば、成長は見込めないというのが現実であります。そもそももの凄い勢いで国民が減少している状態で、おまけにお年寄りの人口比率がもの凄い勢いで上昇しているのですが、とにかくこの人口減に歯止めをかけない限りは経済の成長という事は起こりえないのです。すごい勢いで人口が増えるのも問題ではありますが、経済が成長するかどうかというのは、人口が増えるかどうかに掛かっているといっても過言ではないのです。

 もし、人口を増やさずに経済を活性化させようということであれば、人口が増え続けている国への輸出を増やさなくてはなりませんが、ここまで労働単価の上がった国の製品はそう簡単に売れる物ではありません。製品の単価を下げるためには円安が必要なのですが、とにかく国民の財産が国の信用につながっているために、円の価値は高まる一方なのです。輸出で儲けようとしても、相当苦しいというのが現状であります。

 確かに財政再建は必要な事ではありますが、それを痛みなしで成し遂げようということは不可能であり、だからこそ20年もの間こうして借金が膨らんできたのです。それを単に目標だからという事なのでしょうか?いとも簡単に成長と財政再建の両立といわれても、そりゃ無理な話だとしかいいようがありません。

 おそらく、増税の主体は消費税でありましょうし、それ以外に選択肢はないかと思いますが、そもそも支出が多すぎるので、まずは公務員の給料のカットだとか、痛みを伴う行動を示してから国民に負担を求めるべきなのではないでしょうか。物事まずは筋を通してもらわないと、それはだれも受け入れてはくれません。 →ranking

 ただ、問題は確かにあります。全体的には無駄が多いと思う公務員の給料でありますが、中には寝る間も惜しんで国のため、国民のためと思って働いてくれている立派な方々もいらっしゃるのも事実なのです。一方では5時にはタイムカードを・・・なんてところもありますので、どこにスポットを当てるかが問題なのですけどね・・・。まあ、国民に負担を強いる限りは、公務員間の連帯責任として痛みを伴ってもらわなくてはならないでしょう。ただ、当然議員の給料も高すぎるし、そもそも多すぎますので、この辺も確実に削ってもらわなくてはなりません。

 さて、この成長と財政再建という矛盾を掲げた管首相ですが、相場にはどんな影響があるのでしょうか。今のところマイナスには作用しておりませんが、何せ掲げた目標が矛盾した内容になっていますからね・・・。相場が求めているのは政策のウルトラCではなく、実現可能な誠実な政策のはずなのです。とりあえず、多くの相場関係者が思っている事だと思うのは、相場の邪魔だけはしないで欲しいなといった感じでありましょう。

 以前にも書いておりますが、今の世界経済も日本経済もですが、必要なのは知恵ではなく、血と汗と涙なのです。この覚悟と実行をさせる事が出来る人が優秀な政治家であり、それ以外は皆論外という事になるのです。よって、今度の内閣も・・・。まあ、この答えはもう少し先に延ばしておきましょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。