日本は対外債務がない。数年前まではこれほど誇らしい事はなかったかと思いますが、今となってはこれこそが日本の最大の損失という事になりそうなのです。

 まず、これまでの状況を見てみると、勤勉だった日本人はお金を稼いでも全てを使おうとはせず、多くのお金を貯蓄に回してきました。その額は今尚1400兆円を超えており、世界一の貯蓄国家という事になります。そして、世界一の金持ち国家であるのに、そのガードは非常に弱く、諸外国から揺すられれば次々とODDや、IMFへの拠出という形で資金を搬出したり、外国債券を買ったりということを繰り返してきました。

 お金を貯めることに生き甲斐を感じてしまった日本人のお金は、何とかして使わなくては経済がしぼむのは当然であり、個人が使わないなら国家が使ってやろうという事なのかもしれませんが、民間と違って経済の空気が読めない国家は経済が下降し始めてもその無駄遣いを止めようとはしませんでした。

 そして、結果として国民の財産はいつのまにやら日本国債を中心とした債権に取って代わったのですが、保有率は世界二位に落ちたとはいえ、日本は米国債の保有額は巨額になっておりますし、その他の国々の債権も沢山保有している状態なのです。そして、その債権は国家の物であるのですが、これもまた国民の預貯金がベースとなっての債権であるのです。

 まあ、諸外国からの借金まみれよりは良いと考えられる方もいらっしゃるかも知れませんが、それはあくまでも経済が正常だったらという事が前提でありますし、あくまでも返してもらえるなら・・・という事が前提です。さて、ここ一年で借金まみれになった欧米は我々にお金を返してくれますでしょうか?

 特に心配なのはユーロです。目先はともかく将来的に維持できるはずもなく、最終的には崩壊かそれに近い形での結末になるかと思います。流石に世界一の軍事力を持つ米のドルは崩壊しないとしても、それなりに売られる事になるでしょう。

 こうも世界中で借金が膨れてくると、実は借りた者勝ちという事になり、貸した方が一方的に損をする可能性が高まるのです。結局、世界の経済は崩壊するしかないシナリオに乗って走っているだけで、その方向が変わろうという気配は今のところ、どこにも見えません。何とかお金をばらまいて暴落を回避しようというだけの話であり、最終的に経済を立て直す前には世界中でデフォルトが起こるというシナリオ以外は見えません。

 今更どうにかなる物でもないとは思いますが、個人ができる対応はあります。それは、今すぐに定期預金などを解約し、ゴールドを買いに行くことです。利息は付きませんし、値段は流動的ですので損することもあるでしょう。しかし、ゴールドはデフォルトするということがありませんし、世界中どこでも換金できるのです。ゴールドがあって困ることなどありやしないのです。 →ranking

 ただ、あくまでも皆が行動する前に行動しなくては意味はありません。例えば、10人に1人が定期預金を解約するなどということにもなれば、もはや国債の暴落は避けられず、完全に手遅れという事になるのです。どういう訳なのかは知りませんが、今尚不安はあるがお金は銀行にという矛盾に気づかない人が多いのです。多くの人が気づく前に行動しなくては意味がありませんが、今ならまだ間に合うと思って良いでしょう。

 また、ゴールドだけでは心配だという方もいらっしゃるでしょうし、私も専門は株であります。こんな状況でも買える株はありますし、例え下げるとしても問題はそのタイミングであり、臨機応変にやれるのが株であります。上手く資産を分散し、どんな混乱があろうとも乗り越えて行く自信はありますので、これからも出来る限りの事を書き続けていきたいと思います。

 もちろん、今すぐにという事ではなく、もう少し時間が掛かることとは思います。それが故に多くの人が逃げずに銀行にお金を預けているのでしょうけどね・・・。とりあえず、先行きは見えましたので、後は時期の予測ですね・・・。絶対に見逃さないつもりでこれからも相場を監視していきたいと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。