昨夜はNYがお休みで、今日は相場を読むのが難しい朝なのですが、本日より6月相場が開始となりました。今月はメジャーSQがありますし、外資系は中間決算の月でありますので、いろいろと動きの大きい月となるかも知れません。

 とりあえずですが、5月末のお化粧買いの反動で安くなる銘柄もあるかとは思いますが、上昇機運は高まっているかと思いますので、朝方の安いところは買いから入って良いのではないでしょうか。基本的に押し目買いであり、買うとするならばこうして安いところを狙うのが得策という事になります。上げたところで買っていてはいくら資金があっても足りやしません。

 株は恐怖との戦いであって、こうして安いという事は怖いとは思うのですが、ここで行動しなくては儲かるはずもないのです。上昇している時に高値を買うのと、下落している時に安値を買うのは、心理的には高値を買うのが楽で、安値を買うのは怖いとなりますが、利益を出せる確率を考えるならば高値を買えば損をする可能性が高いし、安値を買えれば利益を出せる可能性が高まるのです。 →ranking

 今の相場は、正直言って危険がいつも隣り合わせの状態であり、一歩間違えれば地獄へ真っ逆さまなので、こんな状態の時に押し目買いといわれても怖くて買えないというのが現実だとは思います。ただ、いくら危険と隣り合わせとはいえ、本当に危機が迫った時は、それなりの予兆はあるはずなのです。その予兆が見えるまでは、とにかく強気で対応する方が良いはずで、今が正にその時なのではないでしょうか。

 先週末にスペイン国債が一段階格下げされており、これでギリシャ問題はスペインに飛び火したと見るべきであり、南欧問題は拡大の一途であることを確認できた訳ですが、NYは休みであった物の、他の市場はこの問題をあっさりと流しており、特別な混乱は見られませんでした。南欧問題は全く解決の兆しはないとしても、この程度の問題の拡大は織り込まれているということなのでしょう。今後、更に悪化するはずの問題ではありますが、しばらくは持ちそうだという事がこの反応から見て取れる様に思いました。

 とりあえず、来週末のMSQがどうなるかに注目が集まるところなのですが、私の予想では・・・。この件に関してはまた別の機会にレポートしたいと思います。ただいまメンバー募集中です。お申し込みは下記ホームページよりお願い致します。
http://soubakan.com/



最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。