昨日、核安全保障サミットが米で開催されたのですが、皆さんもご存知の通り日米の首脳会談は日本の要請にも関わらず、時間の都合という事で断られました。中国を筆頭に多数の国の首相が会談する中、同盟国としての影はすっかり薄れました。これからの日本は米に頼らず、自力で自国を守り、発展して行くのだ!という発想から考えれば、嬉しい展開と成りますが、防衛費は先進国中で最低水準でありますので、確実にこれは増やさなくてはならないでしょう。しかし、GDPは下がる一方であり、とてもそんな余裕はないのです。余裕がないので普天間の移転もしたくないという事だとするならば、これもまた嬉しい展開ですが、あまりに普天間の人達が気の毒で、あまり書きたい内容ではありません。

 ただ、ちょっとオバマ氏も冷たいのではないか?そんな見方も出来なくもないかもしれませんが、やはり前回の首脳会談で「trust me」と発言している為、オバマ氏にとっては「trust you」であり、単に約束は守れ!というだけの事でしょう。男なら言い訳をするな!やると言ったらやれ!そんなメッセージがあの態度にあった様に思います。

 しかし、正直言って鳩山首相のやり方では解決する確率は低いでしょう。そもそも最初から沖縄での人気取りのために、素人目にも無理だと分かる浅はかな約束をした事が間違いなのです。そりゃ沖縄で基地を減らすと約束すれば当選して当たり前でしょう。まあ、政権を取れば本当に何でも出来ると勘違いしていたのかも知れませんが、政治家として最低であるとしか言い様がありません。

 日本の立場から考えて、沖縄に米軍基地がなくなったら、国防は大きく揺らぐのです。単に基地は何処かへ行け!という話ではなく、どうやってこの国を守るのか?ここを考えなくてはならないはずですし、米軍の意向ではないとしても、沖縄は日本を守る為には絶対に必要な場所なのです。沖縄の方たちには大きな負担をお願いする事となる訳ですが、その分沖縄を優遇する政策を取れば良いのです。

 今、首相がやるべき事は、沖縄へ行って土下座する事でしょう。少なくとも鳩山氏の首に興味のある人は居ない筈で、欲しいのは解決策だけなのです。一生懸命努力しましたが、どうしても無理でしたと平謝りをし、本当に普天間の人達の事を心配するならば、辺野子へ行って再度基地の移設をお願いするしかないでしょう。これ以上日米関係をこじらせても良い事などありやしないはずです。

 目先の人気取りから始まった無理な約束は、本当に大変な問題に発展してきました。子供手当てなんかは国内の問題でありますから、情勢を見ながら適当に方針転換という事も出来ますが、外交と国防はそんな簡単な問題ではないのです。もはや手遅れにも見えますが、明確な答えさえ出せば、少しは良い方向に動くかも知れません。

 本当にダメな政治ですが、225は重くなってきたものの、材料株はあちこちで上昇してきております。これを始まりと取るか、最終局面と取るかは難しいところなのですが、目先はこうした材料株で売買して行くのが最善策の様に思います。本当はダメな経済が背景にあり、株価がこんなにも上がる要素はないのですが、それでも期待とお金さえあれば相場は成り立つ場合もあるという事でしょう。

 落ちると思っているし、今もそのリスクは変わらないと思っておりますが、現実は上へと進んできた訳です。これはもう受け入れて柔軟な対応をするしかありません。まだまだ本格的になるかどうかは分かりませんが、電池関連に再度資金が回り始めており、先日ご紹介した4098チタン工業もジワジワとですが上昇してきております。いずれこの会社の凄さが世に知れ渡り・・・を夢見て同社株を保有し続けております。

 相場の今後を占うには政治がどうなって行くのかを考えなくてはならない部分もあるのですが、こんな首相では先行きを読むのが本当に大変です・・・。おまけに利権しか考えていない亀井氏とか、もうどうしたらいいか・・・。ただ、確実に彼らには国民の審判が下る時が来るでしょう。彼らのやっている事は間違いなく、日本を良くするものではないからです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。