国の借金は900兆円に迫ろうとし、少子化による人口減に歯止めがかかる見込みは全くなく、頼みの綱である団塊世代の貯蓄は切り崩される一方。毎年50万人規模で移民を受け入れなくては国がもたないという試算もあるのですが、政府はいつも日本人を増やす事ばかりに集中し、遂には子供手当てという形での巨額のばら撒きに動きました。

 しかし、こんな不安定な状態で、お金をもらえるから子供を作ろうなどという考えに至る人は少ない訳です。親たちは間違いなく考えます。私らの子供はこんな巨額の借金を返していかなくてはならないのかと・・・。ならば子供は作らない方が幸せと考えても不自然ではなく、デフレスパイラルに加えて、少子化スパイラルも派生していると見て良いでしょう。

 また、目先も大学生が就職を諦めて留年するとか、思うようなところに就職出来ないだとか、それは本当に大変な状況であります。留年も無料でという訳ではなく、あくまでもお金はかかりますので、皆が皆そういった措置に乗れる訳でもないのです。多くの学生が思い描いていた就職にたどり着けず苦しい思いをしている状態です。

 また、為替が90円台がすっかり定着してしまいそうな感じで、93円でも企業は相当厳しいはずなのです。しかし、中国の利上げ観測もありますし、実際に利上げともなれば更に円高要因となってしまうことでしょう。

 こうして考えると、相場に上昇はないと思えますし、それが正しい答えでもあると思います。しかし、現実には相場は上昇している訳で、日本株は世界の株式市場に比べれば完全に出遅れているとも取れます。そして、これが最大の買い要因になっているのですが、果たして何処まで買って良いものなのでしょうか。

 幸いな事に、今まで上げて来た銘柄の中心は225採用の物が殆どで、材料株系はあまり上昇しておりませんでした。ツガミや黒崎播磨など、随分長い間上げ続けている銘柄があるのも事実ですが、まだまだこうした銘柄の広がりは続きそうな気配を感じますので、買うなら材料株といった感じではないでしょうか。

 ここまで中心だった外資の買いですが、その動向はハイテク株から出遅れ感の強い内需系にシフトしており、225の直接的上昇を狙うよりは、個別の銘柄の上昇の方に期待が持てそうです。

 銘柄を選別するのは難しいかもしれませんが、例えばしばらく前から私が注目している4098チタン工業はいかがでしょうか?政府が電気自動車等に対する前向きな方針を打ち出しており、とにかくバッテリー関係は非常に重要な分野と成ります。また、ホンダが電動バイクの電池を東芝からとしておりますが、チタン工業は東芝系であり、今後の展開が非常に楽しみといえるでしょう。単にバッテリーが売れるとか売れないとか、そんなレベルで終る話ではない可能性が高いかと思います。

 この他にも個別で面白い銘柄は沢山あり、その中でどれが一番面白いのかは分かりませんが、ここは分散投資でヒットを重ねて行きたいところです。上昇したら一部利食いでコストを下げ、新しく発見した銘柄に投資という感じです。ただし、調子に乗って信用で建て過ぎると、10連勝も1度の失敗で水泡に帰す事になります。あくまでも余裕を持って対応して行きたいところです。

 ただ、先にも書いておりますが、決して安心出来る状況ではないのです。世界は金融分野でのつながりが強まり、どこかが綻びれば、あっという間にその危機は世界に広がるのです。今、新興国の経済が好調だと言いますが、元を辿れば先進国でばら撒かれたマネーが流入しているだけであり、その流れが止まれば投げが投げを呼ぶ展開になってもおかしくはないのです。

 まあ、今の感じですともうしばらくイケイケモードが続きそうですが、とにかく調子に乗っては行けないとだけは申し上げておきましょう。まだは、もうなのです。

 強力な指導力によって米は不動産バブルをなかったかのようにしてしまっておりますし、基本的に世界一の軍事大国であり、誰も逆らえないという強みはあるので、もしかしたらこのまま悪い物に目をつぶったままに景気が回復するのかも知れません。しかし、日本は指導力不足は確実であり、明確なビジョンは全く見えて来ない状態です。誰もが政治に呆れ、自分たちの未来が腐って行くのを呆然と見ているだけになってしまっているのです。例え米が回復したとしても、日本がそれに付いて行ける状態ではないとしか言い様がありません。

 今は何となく出遅れという理由で買っている状態ですが、必ず無理が祟る局面が来るでしょう。それが分からないのでこうして苦労もしているのですが、常にそうした局面が来る可能性を心に止めておかないと、調子に乗りすぎて全てを水疱に帰すだけではなく、大幅な損失という形に至ってしまうでしょう。上げているのは気持ちが良いですが、あくまでも溢れたマネーが作り出している相場であり、実体は表していないと考えておくべきかと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。