昨日、第一生命が上場し、公募価格を2万円上回って寄り付きました。日経平均が上げムードの中でありましたので、環境も良かったという事もありますが、この上場は大成功ということになるでしょう。 →ranking

 そして、第一生命で保険契約をしている方に対し、総額で1兆円以上の現金、もしくは同社株が割り当てられました。特定の人しかもらえないものではありましたが、臨時で1兆円以上もの金品が配られるのですから、経済効果も期待出来なくもないでしょう。

 ただ、そのお金を直ぐに消費に回るかどうかは景気の動向次第であり、政策次第でもあるのです。安心感がなければ貯蓄に回るだけの資金であり、過度の期待は出来ません。また、そもそも40兆円のデフレを抱える日本に1兆円そこそこの経済効果があったからといって、焼け石に水としか言い様がありません。だからこそ政策がものを言うのですが、今のところ政治家がまともに動きそうな気配はありません。 →ranking

 第一生命の上場は、民間の行った特定の人に対する経済対策みたいなもので、本当に素晴らしい事だとは思うのですが、これに対して政府が特定の人に対してお金を配る目玉の経済対策は子供手当でありましょう。今回は予定の半額である2兆円程度ですが、第一生命と明らかに違うのは、その財源が借金だという事です。

 国にお金が余っているのであれば、それは大盤振る舞いで良いと思うのですが、財源はまったくない状態なのです。税収は減るし、支出は増えるという又裂きになっている状態で、どうして安心してこのお金が使えるというのでしょうか。 →ranking

 また、特に問題なのは、日本在住の外国人が母国に残してきた子供に対してもその支給が行われるという事です。前述しましたが、お金が余っているのであれば、ケチケチせずに配ってしまっても良いと思います。ただ、国民に借金を押しつけておいて、外国にいる子供に対してまで手当てを出す必要があるというのでしょうか?これは、どう考えてもおかしいとしか言いようがありません。

 今、相場は誰が幾ら借金をしているということに対して非常に無関心であるのですが、いつか必ずこの事に対して大きな関心を示し、これが強大なリスクだと認識する日が来るでしょう。ただ、今の相場は人の感情を逆手に取った恐ろしい環境になっており、その行く末を見極めるのに非常に苦労しているところです。何せ騰落レシオが149ですから、普通に考えれば上はないはずなのです・・・。 →ranking

 しかし、現実は更に上昇という形になっており、その流れは止まりそうもないのですが、やっとその答えが見えてきました。ただ、例えそれに対応した行動をしようとしても、それはそれでリスキーであり、次の流れが来るまでこれ以上状況を悪化させない事の方が重要の様な感じもします。判断は非常に難しいのですが、相場の流れを見ながら更に対応を考えて行きたいと思います。 


4月度メンバーの募集中です。メンバーに向けには下記のようなレポートを平日は3~4本、土曜日にも1本配信しております。お申し込みはこちらからお願いします。

メンバーレポートサンプル

メンバー 投稿者:S氏 投稿日:2010/03/30(Tue) 08:31


 おはようございます。NYは本当に強いですね・・・。勢いというのは本当に何処までという見極めが難しく、本当に苦しい状況ではありますが、それでもやっぱり良いところまで上昇して来ていると思いますので、225は両建てで様子を見る事としました。もっと資金に余裕があれば売り増ししたいところではあるのですが、資金は無限ではありませんので、仕方のない判断であります。

 今後の相場のポイントですが、ギリシャ問題はIMFと独仏が支援を表明しているので、国債の入札が不調に終る可能性は低く、今回の5.9%の利率で捌ききれる様に思いますので、当分の間はギリシャ問題が相場に影響する事はないでしょう。これで目先の危機はとりあえず乗り切ったと見て良いかと思いますが、借金は増える一方であり、根本的解決が何処まで行われるかは不透明であります。単に国債の入札が何とかなるというだけであり、ギリシャの経済が復活する訳ではないのです。時間を置いて再度問題化するのは確実で、今回はあくまでも時間稼ぎの状態であるという認識でいて良いと思います。

 そして、今後の南欧問題ですが、これはPIIGSのG以外の国のソブリンリスクがどうなるかというところです。Gのギリシャは目先を乗り切ったとしても、他の国々の苦境は続いているのです。次に手を上げるのは何処か!?そしてそれは何時なのか?いずれも不明ではありますが、確実に南欧で新たな問題が発生する事でしょう。ギリシャは当分相場に対する影響は薄れたとしても、新たな問題が直ぐに起きても何ら不思議ではない状態であるといえます。

 また、現在の米の株価は、連日の高値更新でお祭り状態になっておりますが、この様な状態がどこまで続くのかが気になるところですが、それ程長続きはしない様な気がしております。経済状態は底打ちしたかもしれませんが、決して上向いた訳ではありませんし、何より社会保障の充実で国の負担は増える一方なのです。目先は歴史的な皆保険制度の制定などで沸き立っておりますが、確実に増税に結びつく事になりますので、事の良し悪しとは別に、経済的には良い事であるはずもないのです。

 結局、米は長期金利は当分ゼロを維持すると発表している訳ですが、長期金利はソブリンリスクを警戒して上昇傾向になっているのです。いくらFFレートをゼロにしたところで、長期金利が4%近くまで上昇しているという事は、FFレートでの金利調整が限界に達していると見るべきではないでしょうか。これは、どう見ても悪い金利の上昇であり、この金利を目当てにキャリートレードというのは有り得ないはずなのです。

 しかし、現実には日米の金利差に目をつけたドル買いがあり、為替は円安に傾いているのです。そして、円安を材料に日本株も買われ、株というリスク資産の増加によって円が売られるという小さな循環が出来上がっているので、目先は為替が95円程度までは円安になる可能性は出てきております。

 ただ、必ず米は今回の財政出動の財源に目を向ける時が来ますし、一向に回復しない雇用にも目を向ける時が来ます。これだけ国債を発行し、公共事業を増やし、皆保険を制定したのですから、財政負担は恐ろしいほどの伸びになるはずなのです。下手をすれば5年で輸出を倍増させても足りない位かも知れません。こんな状況で株価が何時までも上がり続ける訳もありませんし、景気に不安を感じるような事があれば、一気に状況が一変し、円安傾向だった為替は一気に円高に傾く事でしょう。そして、その時の材料次第ですが、今度は80円台をも突破するような円高になってしまう可能性が高いと考えております。

 問題はその転換点が何時なのか?という事ですが、それはそれ程遠くはなく、6月SQまでには転換するのではなかろうかとは思います。目先は高値更新に怯えなくてはならないかとは思いますが、買い方だって楽ではないはずです。辛い所ではありますが、私はここは我慢すべき時ではなかろうかと思います。

 個別ですが、特に状況に変化はございませんが、昨日のメンバー2は好評だった様ですので、本日はもう少し情報量を増やせればと思っております。

 では、今日も一日頑張って生きましょう!


メンバー2 投稿者:S氏 投稿日:2010/03/30(Tue) 09:23


 今日は朝一の情報も出しておきましょう。私が買うかどうかは別ですので、判断はご自身で下してください。追加の情報があるかどうかは分かりません。何せ買っている本人が負ければ何も言わなく成りますからね・・・。あくまでも情報だけですので、その辺をお間違いにならない様にして下さい。

 今朝方お話をした外務員ですが、昨日から8101GSIと4022ラサ工を買い始めたそうです。一連の小型材料株相場の流れから連想してなのだとは思いますが、外務員は有力筋とつながっていたりもするので、もしかすると・・・という事もあります。なかなか裏までは聞き出せないので、こういった話には乗るかどうかでいつも迷います。

 感覚的には完全にギャンブルであり、当りを引けるかどうかは運次第。現時点では本物に育つかどうかは分かりません。5円抜ければ御の字という事もあれば、株価倍増もあるかもしれないし、下手をすれば買値がスッ高値という事もあります。やるなら完全割り切りです。何のフォローも出来ませんので、自信のない方は観察しているだけにするのが正解でしょう。いずれ癖が分かれば楽しむ事ぐらいは出来ると思います。そして、とにかく慌てない事です。

 相場全体の印象ですが、とにかく買っているのがクレディスイスです。ほぼ一手買いといっても過言ではありませんが、もはや騰落レシオは139まで上がって来ているようで、120で買われ過ぎの目安なのですが、すっかりそれをオーバーしている訳です。さて、どれ程もちますでしょうか・・・。

 結果はまだ分かりませんが、間違いなく言える事は、明るい未来が見えている訳ではないという事です。こんな高いところで夢を見たら死ぬだけかと思います。


メンバー3 投稿者:S氏 投稿日:2010/03/30(Tue) 13:31


 地場の間ではクラリオンとツガミだけは本物じゃないか!?と噂されておりますが、色々な方面を分析して行くと、確かにこれは本物であろうという気がします。業績云々ではなく、あくまでも力技の世界なのですが、それが故に崩れればそれなりのダメージにもなりますので、本物だろうが偽物だろうが最後は売りが勝つ事と成りますので、本当は売りで入る方が正しいのだとは思いますが、売り禁になってしまっているのでそうも行かないというのが現状です。

 ここで大事な事は、いずれも良い所まで来ており、参加者達も第二のツガミやクラリオンを探し始めるという事です。こうなってくると、回りの銘柄も動き出すのですが、同時に一瞬だけの動きとなってしまい、これらの様な気合の入った上昇は実現しにくく成ります。よって、失敗率が非常に高く成りますので、特にこういった銘柄を売買する場合は注意が必要という事になるのです。

 ちなみに地場の動向ですが、相場の上昇と共に強気になるのではなく、かなり恐怖心が大きくなってきている様で、なかなか乗り切れない状態になっている様です。どの外務員と話をしても、皆一様にびびってますが、ある意味これが正しい反応でしょう。騰落レシオが139でびびらない方がどうかしているのです。

 今のところは全く反応しておりませんし、なにせカラ売りが入ってこないのでじっとしたままですが、私は内田がこうした銘柄の様になる可能性を見出しており、場合によっては第二の・・・と期待しているのですが、現時点では第三の・・・が良いところかもしれません。ただ、この値段で仕込めていれば、動き出した時に大事な種玉となりますので、私はここの仕込みを持続して行くつもりです。

 また、乗れるかどうかは別として、大手が力を入れているのは富士電機や日立の様です。特に富士電機はGEとの提携が大きな材料となっているので、大化けする要素を持っており、もしかしたら今年の主役に・・・という事もありそうです。私は三洋を希望しているのですが、一度相場に成ってしまったので、今しばらくお休みが続いてしまいそうなのが残念な所です。ただ、三洋はこれ以上下がったとしてもそれ程安いところはないと見ておりますので、長期保有としては有望であるとも考えております。全株を売りに出した所であっという間に決済出来ますし、私は預金よりも安全な資産だと思っているぐらい心配はしておりません。時間がかかっているので少々イライラはしますが、問題は感じておりません。

 それと、4766ピーエイに近々動きがあるとかないとか?時々相場になる銘柄なので、もしかしたら面白いかもしれませんね。薄商い銘柄ですし、私は売買をしませんし、これもまた追加で情報が入るかどうかは分かりません。どの銘柄もしっかりとご自身で検討して頂き、自身でけりを付けられると思ったら売買するようにして下さい。質問されても答えようがない場合が多いかと思います。

 現状はこの様な感じでした。また大引け後にレポートします。


メンバー4 投稿者:S氏 投稿日:2010/03/30(Tue) 16:09


 凄いですねここでも更に100円上げるのですから、これはもう強いとしか言い様がありません。ただ、たかが100円でもありますし、あくまでも短期筋の仕掛けというだけの事でしょう。出来高は22億株と伸びている様にも見えますが、クラリオンとパイオニアだけで1億株近くも行ってますし、売買代金はそれ程伸びてはいないと思いますので、状況が変わってきたとも言えないでしょう。要は何も変わってはいないという事です。

 おそらく、先日もレポートしましたが、今週末の米の雇用統計が国勢調査絡みで大きく改善しているのでしょう。臨時雇用で失業率が改善したからなんだと思うのですが、この数字を当てにした仕掛け以外に何があるというのでしょう。どう考えてもやり過ぎであり、限界は近いのではないでしょうか。

 今日も自身の理論に何か間違いはあるのか?と自問自答を繰り返しましたが、特にその様なものは思い浮かびませんでした。間違いに気付いた方がよほど楽だったかも知れませんが、おそらく間違いはありません。ただ、理論的には正しいのですが、相場の強さという意味では完全に読み違いではあります。

 しかし、この相場の強さを何で予測しろというのでしょうか?テクニカルなら都合の良い指標もありますので、場合によっては読めるかもしれませんが、そもそも騰落レシオが139を超え、今日も更に上昇の様相ですから、テクニカル面からも読む事は出来ないのです。

 となれば何が身を守るのか?それは資金管理しかないのです。信用で建て過ぎれば身動きが取れなく成りますが、現物範囲での取引であれば不測の事態が起こっても耐える事ができるのです。実際ここまで強い事を予想するのは難しかったのですが、建て過ぎてはいないので特に困窮するほどではありません。私は何度も窮地に至り、建て過ぎは負けると悟っているのですが、この感覚は何度も失敗しないと身に付かないものでもあります。私が何度レポートを書こうとも、体験するまでは無理なのです。

 ただ、何度もそうした体験を目にし、一度それを自身で味わえば、何度も失敗せずに済む可能性は高いかと思いますし、場合によっては一度も味合わずに済むかも知れません。出来る事ならば、皆がそんな目に合わないようにと思って書き続けてきたレポートですが、本当に力足らずで申し訳ないとしか言い様がありません。

 おそらく、この上昇は最終段階に入っていると思います。中には金融相場から業績相場へなどというアナリストもいますが、上がっているのは225銘柄ばかりであり、その他は仕手株の様な銘柄ばかりで、多くの銘柄は大した動きになっていないのです。幾らなんでも限界は近い・・・。私はそう信じて疑っておりませんが、相場の限界は個人の限界でもあったりします。買い方を想像してください。普通は恐ろしくて仕方がないはずです。何せ自身の買値よりも高いところで買ってくれる人が必要なのですから・・・。

 まあ、買いの主体が外資のため、円高になれば株価が多少下がっても利食いは出来るという状況でもあります。よって、単純に値上がりしなければという考えは通じないといえば通じないのですが、国内で追随している買い勢力に関してはやはり値上がりが必要という事になります。

 辛い所ではありますが、ここは乗り切るべきところではないでしょうか。この様子ですと、落ちだしたらあまりの速さに付いて行けないほどの速度になるかもしれません。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。