先日、新聞各紙が一斉に批判した郵貯の2000万円への限度額引き上げですが、閣内の恥ずかしい水掛け論を経て、結局は2000万円への引き上げという事で決着してしまいました。どう考えても民業圧迫以外の何物でもなく、単に郵政票が欲しいだけの愚策に見えるのですが、裏はもう少し複雑なのである可能性が高い様に思います。 → ranking

 まず、日本の国債でありますが、増発の影響で供給過多の状態に成りつつあり、国内での消化が厳しくなって行く事が予想され、そうした事態を見て格付け会社は日本国債の格下げを検討したりしているのですが、これを回避するにはなんとしても国債を買うしかないのです。首相は国債の購入機関になってはいけないという事を言っている様ですが、明らかに建前であるとしか言い様がありません。

 まず、郵貯がお金を集めた所で運用先は国債位しかないのです。今まで貸し出し業務というものをやっていないので、まともな融資審査部門を持っておらず、新設したところで経験不足感は否めません。よって、直接融資というよりは、郵貯を財源に政府が保証をつけて民間銀行の貸し出しを後押しする位の事しか出来ないでしょう。銀行は政府保証をもって融資できるのだから、ある意味預金が流出しても良いという事に成りそうです。 → ranking

 よって、郵貯に預けられたお金は、結局まともな運用に回される事はないのですが、一番の懸案である国債の引き受け先としてはこれ以上の機関はないのです。軸のない首相が国債の買い取り機関にはしないと言っても、それを信じる事は出来ないとしか言い様がありません。

 そもそも無駄を削れず、予算が膨張しているのが不味い事であり、政府の欲望が招いた最悪の国家予算を組むからこんな帳尻あわせをしなくてはならなくなるのです。そして、郵貯預かり2000万円は、政府外からは完全に愚策とされおり、新聞各紙が一斉に亀井批判を社説で掲載する位酷いものなのです。それでも押し切ってしまわなくてはならない程に、国債の発行が危なくなっていると見るべきではないでしょうか。 → ranking

 目先はこれで国債も安泰かも知れませんが、どんなにごまかそうとも懐に抱いているのは爆弾である事は明白でありましょう。その爆弾の導火線に火がついているかどうかは見えませんが、相当危ない状況に陥っている様に見えます。

 そして、この2000万円を実行したツケは普天間問題に波及する可能性が高いかと思います。新聞各紙が一斉に批判したという事は、巨大資本の意思でもある訳です。そして、それは日米関係にも響く事であり、2000万円を強行する事によって、普天間問題は解決不能に至る可能性が高くなったと見るべきでしょう。政府は巨額の移設費用を支払うよりも、ゴタゴタにしてそのままにする道を選んだとしか言い様がありません。 → ranking

 そして、ある意味喜ばしい事でもあるのですが、この問題は内閣の総辞職につながるほどの悪材料となる可能性が高いかと思います。もはや国民の支持率低下は避けられる訳もなく、幾らなんでも自民党も勢いを取り戻すことでしょう。その他の勢力も力をつけて来るかもしれませんし、これからは本当に目が離せない状態になって行きそうです。

 しかし、郵政民営化に一体幾らかかったのでしょうね・・・。そして、再国有化に幾らかかるというのでしょうか・・・。そして、もしも自民党が再度政権を取ったとするならば、再民営化するのでしょうか?そして、そこでどれ程のお金がかかるのでしょうね・・・。郵貯は解体して民間に事業売却してしまえば一発で終ると思うのですけどね・・・。こんな無駄だらけでは幾ら税金が有っても足りないし、そのツケは確実に後世に重くのしかかることに成ります。なんとしてもここらで止めねばならないのですがね・・・。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。