今日、何と言っても一番大きな材料は、「富士電機と合併して米GEが日本に参入」でしょう。知っていれば富士電機を買っておきたかったところですが、残念ながらこの材料を発表前に入手する事は出来ませんでした。 →ranking

 まあ、発表前に材料を手に入れられないのは当然と言えば当然なのですが、富士電機のチャートを見ると、どうも他の銘柄とは明らかに違う動きをしている事に気付くと思います。日経平均がここ一ヶ月間もみ合っているのに対し、先月末からほぼ一貫して上げが続いているのです。他の電機株も軒並みもみ合いの状態にも関わらずですから、富士電機だけが特別な状態であったのは確かでありましょう。

 同社の材料を見てみると、確かにスマートグリッドの材料が出ていたりはしているのですが、米が原子力発電所を建設するというニュースが出てもその日だけで原発関連の銘柄が上がらなくなるような相場において、どうも不自然であると言えるでしょう。そして、不自然であるが故にカラ売りが大量に入り、それが相場を更に押し上げる結果に成ったといえるでしょう。

 そして、裏に隠れていた今日の材料で売り部隊は全滅に近い状態に追いやられてしまう事になりそうですが、買いの主力は裏にGEが隠れていると知らずに行動していたとは思えません。暴く事は出来ないとしても、これはほぼ間違い無くインサイダーが絡んでいたと見るべきでありましょう。

 インサイダーは法律的には禁止されておりますし、不公平であるという認識が一般的でありますが、インサイダーが一番儲けやすいのは確かな事実です。米の有名な投資家であるソロス氏がどうしてオバマ氏に巨額の献金をするのか?と聞かれれば、政府の行動を逸早く察知するためのインサイダー情報が欲しいからに違いないのです。

 また、オバマ氏の側近がゴールドマン等の金融界出身者が多く、政府の出資したお金を短期運用で増やせたのは、明らかにこのラインからのインサイダーが絡んでいる可能性は高いのではないでしょうか。インサイダーは悪だとしつつも、肝心のところではインサイダーが横行しているのだと思います。

 表面的にはどれもそうはなっていませんし、これらの件で誰かが捕まる事はないでしょう。インサイダーで捕まるのは、会社役員の売買であったりなど、ケチな内容が殆どであります。捜査の視点は単にインサイダーと言う物ではなく、もっと他の事であることが多いと言えると思います。

 幾ら防ごうにも多くの情報は民間から出て来る訳ですし、私はインサイダー情報は手に入れた人が勝ちの様にも思います。インサイダーだから100%勝てると言う訳でもありませんしね・・・。今回の富士電機のインサイダー疑惑に関しては、完全に手に入れた人の勝ちでしょう。捕まらなければですけどね・・・。

 幾ら防ごうにも防ぎきれないと思いますし、私はこんな調査や捜査に時間とお金を掛けるよりも、もっと他に有意義な使い方があるように思います。捕まえるべきはこの株の世界を使ってマネーロンダリングをする人達とか、本当に悪に染まった取引をする人達でしょう。その手法などに付いては、またの機会に書きたいと思いますが、私はこれこそが悪だと思いますけどね・・・。

 さあ、例えインサイダーの情報を手に入れることが出来なくとも、株価を見ていれば何かの前触れをつかむことが出来るかもしれません。我々個人の一般投資家は、インサイダーの動きを察知して乗れば良いのです。分からないだけにドキドキする事になりますが、昔から相場はそうやって動いてきたのです。インサイダーを悪として嫌うのではなく、上手く利用して行けば良いのではないでしょうか。

 あわよくばインサイダー情報が欲しいところですが、法律的には悪ですからね・・・。真面目に取引して行くのが身の為かと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。