財務大臣辞任の理由

 昨日、藤井財務大臣が辞表を提出し、首相はこれを受理し、次の財務大臣は菅氏で決定しました。他に適当な人材は居ませんし、ここまで株価を上昇させることが出来たのは、おそらくは菅氏の功績だとも思いますし、藤井氏と違って円高容認派ではないと思いますからそういう意味でも悪くはないと思いますが、気になるのはやっぱり藤井氏の辞任理由です。

 首相は100%健康問題が理由であると発言しておりますが、今朝の新聞各紙どれを見てもそれを認める記事は目に出来ません。大手新聞がゴシップ紙になったのか!?と言わんばかりに、全紙揃って小沢の影響がどうとか、それはもう書きたい放題であります。我が首相が100%健康問題だと言っているのにです。これは、メディアが統制されていない証拠だという見方も出来るわけですし、それだけ首相に対する信頼感が薄れているという表れでもあるのかもしれませんが、余りに酷すぎやしませんでしょうか。 → ranking

 正直な事を言わせて頂くと、子供手当てがどうだとか、子育て支援がどうだとかと、社会福祉的な事に対する政策が多いのですが、教育に対する配慮は本当に最低最悪であります。首相と幹事長が揃って政治資金疑惑を抱えているのに加え、余りに酷い嘘が多過ぎるのです。子供がニュースを見て、親に説明を求めた時、本当に返答に困る親が多いのではないでしょうか?政治家は嘘つきだから・・・と教えれば良いのか?それとも、日本人には本音と建前があるから・・・と教えれば良いのか?それとも、メディアが勝手に悪い事を書きたてているのだと教えれば良いのか?

 とりあえず、やると言ったことを三ヶ月程度で投げ出す様な事をしてはいけないし、もしも自身の考えに誤りがあり、修正が必要になったというのであれば、正直にそれを話して修正して行くべきなのではないでしょうか?確実に子供に教えられるのは、悪い手本として、この様に責任ある仕事を途中で投げ出してはいけないという事、位です。 → ranking

 おそらく、各メディアが報道している通り、本当は体調不良などではなく、やり遂げるという心が折れた結果なのでしょう。首相は任命責任というものをごまかすためにもあり、こうした発言にしていると思うのですが、本当に恥を知れ!と言った感じではないでしょうか。我が国の首相がこの程度とは・・・本当に情けなく、本当に寂しい気持ちでいっぱいです。

 しかし、この様な大事な局面で財務大臣が交代という事になると、本来ならば株価も大きく影響を受ける物ですが、特別悪い反応をしているわけでもありませんし、相場はこんな材料をも織り込んでいると言った感じの動きを続けております。まあ、世界からは衰退国として見られている訳ですし、見られているのは株価の上下運動だけであり、将来性ではないという感じがするのですが、ここまで反応がないと寂しい限りであるとしか言い様がありません。 → ranking

 ただ、ある意味株価は上昇を続けているわけですし、どちらかと言えば好材料に?という質問もありそうですが、今の相場にある買い材料は過剰流動性という大きな柱があるだけで、後は何もないわけですから、衰退国の財務大臣がどうなろうとも相場に影響はないという見方をした方が良いかもしれませんが、今の相場に影響を与えるほどの材料となると、どんな規模のものになるでしょうね・・・。日本の財務大臣が交代する位では何の反応もない訳ですし、相場を動かすには相当でかい材料が必要という事になるでしょうか。

 まあ、実際は良く目を開いて回りを見渡せば、本当に取るべき行動は直ぐに分かると思うのですけどね・・・。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。