今日は月内最終売買日ですね。

ここまで盛り上がるとは思いませんでしたが、明日からはまたグロース株が盛り上がるのではないかと期待しています。

まあ、半分願望ですけどね。

ただ、ここで配当取り銘柄を買うよりも、軟調なグロース株を拾う方が良いと思います。

今日はまだ静かですが、明日以降の変化に期待しながらこの配当取り相場が終わるのを待っているところです。

さて、注目度が高いインフレの状況ですが、影響が強いのが原油価格です。

これは需要が増えれば値上がりしますし、減産しても値上がりします。

ここのところ上昇基調が続いているのですが、要因は需要増よりも減産でしょう。

ロシアは減産を命じていたのですが、そもそも半数近い製油所が破壊され、減産なんてしなくても減産状態なのです。

これを減産させているとしたいのでしょうか?

ウクライナは米国から、これ以上ロシアの製油所を狙わないでくれと言われていますが、ウクライナにとっては効率的な攻撃目標であり、これを守るとは思えません。

恐らくロシアが自給自足できなくなる程、製油所を破壊すると思いますし、ロシアにそれを防げるだけの力はありません。

砲弾は沢山作れるかもしれませんが、ハイテク系を生産するのは非常に困難となっているのです。

経済制裁が効いていないと言う人もいますが、効いていないわけがありません。




まあ、中国もロシアも西側の技術なしで軍を維持することは難しいのです。

ですから、本当に暴れてしまうと、それはもう殺処分ということなのです。

暴れずにいれば、なあなあで色々やれるのですけどね。

本当に暴れたら駄目でしょう。

これが大人の世界というものです。

とにかく原油の供給量は更に減る可能性が高いです。

そうなると、また原油高になります。

米国は増産すれば良いのですが、原油価格を下げるまでの増産をするかは分かりません。

サウジも増産で対応すれば良いだけのはずで、そういう方向で行けば良いのですが、これもまた分かりません。

ただ、この流れで行くとインフレが収まりきらずに利下げは困難となる可能性もあると考えておくべきでしょう。

なんだかんだと言いながらも、市場は利下げ期待を持ち続けていますからね。

こんな状況を考えると、やはりグロース株が正解だと思うのです。

特に良い銘柄は推奨済みですし、これで大幅な利益を得ていただければと願っています。

多分大丈夫だと思うのですけどね・・・。

重要なのは今週末です。

それまで利食いを入れて様子をうかがうか、買い足りなければ買増ししておくか。

お勧めはホールドですが、ポートフォリオと相談しながら各自バランスを整えておくと良いでしょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。