2月第一週は買い残が増加し、個人の買いが入っていた様です。

詳しい売買動向は明日の夕方となりますが、悪くない動きだと思います。

ただ、相変わらず、国内外どこもかしこも悪材料だらけです。

この状況で株が騰がるのは不思議ですが、それだけカネが溢れているのでしょう。

この株高傾向はどこまで続くのか。

感覚的な話になりますが、225は40,000円目標で動いていると見ています。

後はグロース株がどこまでついていけるかですが、とりあえず個別で材料期待の高い銘柄を狙えば良いと思います。

今日は指数中心で、特にグロース株の動きが悪いのですが、先週よりも大分盛り上がる銘柄が増えています。

推奨銘柄も多くが良好ですし、来週の決算が楽しみな銘柄もあります。

ヘッドラインを見ていると空売りしたくなりますが、正解は買いだと思います。

悪材料は掃いて捨てるほどあるのですが、特に酷いのが中国です。

今週末から春節で、何故か消費に期待するような報道ばかりですが、あれだけぶっ壊れている状態で消費期待も何もないと思うのですけどね。

まあ、あるところにはあるのでしょうし、消費は伸びるのでしょうが、前年比では落ちると思います。

中共は取り返しのつかない失敗ばかりです。

一番どうしようもないのは一人っ子政策による人口構造の崩壊です。

私が学生の頃は、学校では素晴らしい政策だと教えられましたが、あの時点から中国は崩壊に向かって舵を切っていたということになります。




今や、先進国は全て人口増加政策に躍起です。

しかし、多くの国ではできていません。

愚かな国は移民による人口増加をやってしまいました。

多くは国内が混乱し、元々の国民が悲惨な目に遭っているのです。

米国も一見上手く行っている様に見えますが、実際は問題山積です。

日本も人口問題はありますが、やりようによっては解消できる可能性があります。

無理に人口を減らしたわけではありませんからね。

しかし、このまま岸田に政治をやらせていると日本は更に弱体化します。

この期に及んでまた増税の話ですからね。

取って配る事を考えるのではなく、最初から取らなければ良いだけなのです。

特に消費税を減税すれば、間違いなく景気が良くなります。

失われた30年とは消費税増税の30年とも言えるのです。

これをやらなければ、恐らく日本経済は成長していました。

頑張っている人から取るのか!という意見もありますが、稼げているならそれなりに負担するしかありません。

低所得者から搾り取る消費税よりは健全ですし、景気も良くなるので、稼げる人はもっと稼げるでしょう。

まあ、改善しなければならないところはあるので、あくまでもざっくりとした話ですけどね。

とにかく色々問題だらけで、今のままで本当に40,000円まで行けるのか?と思うところではあるのですけどね。

ただ、流れはそちらに見えますし、ヘッドラインをチェックしながら達成できるかチェックをしようと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。