大きな動きが読み切れないです。

想像以上に強いNISA買いもどこまで続くか分かりませんが、崩壊中の中国勢の動きがまた読みにくいのです。

基本的には中国は終わりに向かって進んでいるだけなので、ゴールの姿は見当がついていますが、それに至るまでのプロセスが難しいです。

今は中国からカネが逃げていて、これが日本株に向かっている動きと中国の株価や不動産が下落しているために、これを穴埋めする為のカネや中共による吸い上げに対応するための換金売りが出ています。

どちらの勢力が勝つのかとなると、最終的には換金売りが勝つと思いますが、それに至るまでのせめぎ合いの途中が今であり、目先の動きがものすごく読みにくいです。

また、これらに加え、米国の景気動向と金利動向が読みにくいのです。

利下げは確実と言われていますし、実際にそうだと思いますが、相場はその逆に動いています。

これらが強く影響するのは指数系の銘柄が主です。




グロース株はよほど全体が酷くならなければ動き出してくるので、今はそのタイミングを見ているところです。

狙い通りに動き出している銘柄もあるのですが、予想外に下げてきている銘柄もあります。

動かないまでも、下げるとは・・・。

ここのところ想定外が多くて困りますが、グロース株の環境が悪すぎるので、ある程度は仕方がないかとは思っています。

結局は投げるところが投げないと上には行かないのだろうと思っているところです。

しかしまあ、よくここまで荒れたな・・・と。

今は上手くいっている銘柄をじっくり育てながら、不良と化した銘柄の切り返しを待ちたいと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。