悪くない週明けですね。

注目は来週の日銀政策決定会合ですが、先日の植田ショックでゼロ金利解除は織り込み済みでしょう。

いくら政策が変わっても、ゼロ金利解除が精一杯であり、利上げの話になるはずもない。

それが今の相場だと思います。

ただ、ここで利上げを発表したら、円は大暴騰するでしょうね。

まあ、それ故に利上げしないでしょうし、その見方で正解だと思います。

とは言え、相場のショックというのは誰も予想しない事から起こるものです。

そう考えると、どこまで行っても気が休まることはないのですが、株の世界で生きているのは苦痛ではありません。

これほどキツい世界でも、ギャンブルでは一番温い世界です。

他のどんなギャンブルよりも勝てる可能性が高く、破滅する可能性は極端に低いのです。

とは言え、安心できると思っていても、信用取引をやっている以上はいつか即死するかも知れません。

そういう恐怖はありますが、普通に生きていても即死する可能性はあるのが世の理というものです。

恐れすぎては何もできないし、儲かることもない。




我々は株で儲けたいと思ってこの世界にいるのですし、それなりの覚悟はしておくべきですが、リスク管理ができていなければ危ないのです。

リスク管理がしっかりしていれば、死ぬことはないし、いくらでも戦えるでしょう。

ただ、今になって過去を振り返ると、情報が乏しい時代はかなりキツかったと思います。

やはり、情報があっての世界ではないかと思うのです。

情報なしで儲かる人もいるようですが、ごく少数でしかありません。

それに必勝法があるとは思えませんし、AIに真似できるとも思えません。

結局のところ、AIがどんなに発達しても、AIが市場の売買の半分以上になれば、必ず負けるAIが出てきます。

そう考えると、人は銘柄選びで考えるよりも、AI選びで考えるようになるのかも知れませんが、それは銘柄選びとどちらが簡単なのでしょうか?

銘柄を選ぶということは、企業の将来性を占う事ですが、その銘柄に対して大口投資家がどうしたいのかを予想することでもあります。

そして、これらの多くは情報で解決できます。

泥臭い仕事であるし、時には血なまぐさい話もあったりしますが、AIを選ぶよりは楽だと思います。

後はその情報に対して、どう売買するかだけ。

何でもAIに任せるよりも、間違いなく良い結果が出ると思います。

もちろん、最初から情報を集めようと思ったら大変です。

特に兼業投資家には無理でしょう。

その代わりとなるのが私ということです。

朝から晩まで株のことばかりを考えていますし、役立つと思ったことを配信しています。

これからますます難しい相場になっていくと思いますが、打ち勝って欲しいと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。