11月も最終週となりましたね。

今週金曜日から12月、師走相場の始まりです。

12月は個人投資家にとっての決算シーズンで、利益を出してきた投資家は塩漬け株や失敗した銘柄を処理する機会となります。

まあ、この辺は今更説明する必要もない事ですが、この影響で停滞していた株や売られていた株は更に売られる可能性が出てきます。

含み損の銘柄で、先行きが見えず、ロスカットするに十分な利益を他で得ていたならば、多くの場合で売り対象になります。

そうした銘柄に当たってしまうと残念な感じになってしまいますが、先行きが見えているならば買うチャンスとなります。

判断は難しいのですが、決断して行動すべき月となるので、しっかりとポートフォリオを分析して売買の方針を決めると良いでしょう。

後は、全体がどう動くかですね。




好材料としては、やはり新NISA(少額投資非課税制度)ですね。

来年から3倍ですからね・・・。

単純に投資資金が3倍になるわけではありませんが、かなり期待できます。

ちなみにNISAの株式枠は240万円となりますが、お勧めしている国内株はあります。

ただ、値幅を意識せず、金利ベースで安定運用を目指すなら米国株のS&P500投信が一番良さそうです。

とりあえずの目標ですが、NISAに限らず3000万円まで買えば、毎月10万円引き落としても自動的に増えていく計算になります。

もちろん、円安が行き過ぎたので、為替リスクはありますが、慌てて買わずにコツコツ拾い集めていくならリスクも分散されますし、いずれ落ち着いて安定収入となる事でしょう。

リスクを極力避けて、生活水準の底上げをしたいと考えるならば、こんなやり方もあるということです。

株で切った張ったをやる資金とは別に、こんな資産を持てたら良いですね。

理想としては、株で得た利益をコツコツとS&P500投信に回していくことです。

来年はNISAが360万円まで使えますから、まずは一年でこの利益をNISAに回すことを目標にするのも良いのではないかと思います。

まあ、1億円も回していれば一ヶ月で余裕の利益になるでしょうけれども、100万円では頑張らないと難しい金額ですし、そもそも1000万円ぐらいまではNISAに回すよりも株で増やし続ける方が良いでしょう。

NISAに回すのは、少なくとも1000万円を超えてからですね。

まあ、これは考え方次第ですし、あくまでも私の感覚での話ですけどね。

こうして来年はNISAが拡大するので、色々とやりたいことが増えます。

岸田の唯一の功績ですね。

まあ、どうせNISA拡大も外資の圧力でやろうと思っただけでしょうけれども。

せっかくの政策を最大限活かしていきたいものですね。

とりあえず、ここからNISA向けに良い銘柄が買われやすくなると見ていますし、相場全体も悪くないと思います。

後は個別がどこまで盛り上がってくれるかだけ。

問題ないとは思いますが、注意深く相場を観察しながら適切に売買していきたいところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。