全体的にはあまり面白くない動きですが、個別ではそこそこ面白い動きも見えています。

ただ、飛び乗りもいいのですが、狙った銘柄の押し目を拾う場面にしたいと思いながら見ているところです。

さて、相場に影響を及ぼしそうな話が出てきました。

先日からワイドショーを賑わせているクビ持ち去り・・・ではなく、ビックモーターです。

皆様もこの件はかなり酷いという印象で見ていると思いますが、狙いはまた別のところにある事件だと見ています。

そもそもの間違いは損保各社からの出向社員です。

ビックモーター側に利益が誘導されていたのですが、損保側もこれで儲けていたわけです。

ビックモーターはあまりに酷いやり方をしていましたが、大手自動車関連の企業は大抵保険代理店をやっていて、出向社員がいます。

また、保険代理店への出向社員は自動車関連だけではありません。

銀行や電力、電話など、保険が絡む仕事が多いところは大抵自前の保険代理店を持っていて、そこへ損保各社が出向社員を出しているのです。

おそらくは、この構造を破壊したいのだと思いますし、それは当然そうすべき事だと思います。

上がったコストは保険料として我々一般消費者に負担が回ってきているのですからね。




しかし、問題はこの先です。

おそらく、日本の損保を破壊して、外資系の損保を誘導したいという思惑が見て取れます。

また、AIを活用した評価なども導入させたいのでしょう。

その結果として、歪な構造から戻ろうにも日本の損保はかなりのダメージを負う事になるのではないかと見ています。

そして、いくつかは外資の傘下に入るのかも知れません。

思った以上にブラックな案件であり、ビックモーターの社長の顔を見て「このふざけたヤローめ!」なんて言っているレベルでは見誤ります。

この件はかなりブラックで、しかも裏があり過ぎる話だと思います。

今日明日で決まる話ではありませんが、読みが当たっていればこのような流れになって行くはずです。

当然、相場にも影響してくる話ですし、注意が必要だと思っているところです。

ちなみに、ビックモーター関連株としては3186ネクステージと7599IDOMだそうです。

IDOMは少し反発してきていますが、ネクステージはほぼ動きなしですね。

この件はどんな広がりを見せるのか・・・。

ちなみに、岸田のデコイとしての働きもありますね。

支持率暴落を隠す材料になりますし、これを正す!とすれば、少し人気回復に役立つかもしれません。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。