米国株は年内に、後2回の利上げはないのでは?と買い方が勢いを取り戻して株価が上昇しました。

対する日本は、岸田が解散を諦めた様で、解散で買われた分が剥げ落ちているところです。

岸田は色々やってくれましたし、皆が思うよりは良い面が多かったと思うのですが、悪い面が悪すぎるのですよね。

少し前まではバーターが上手って感じで見ていましたが、バーターが強引すぎて空中分解といった感じでしょうか。

問題だらけのLGBT法案、マイナンバーカードに絡んだ問題とか、韓国との通貨スワップ協定の話もあり、流石に目をつぶれない様なものが多くなっていました。

息子問題とか、林問題とか、適当にバカをやって被弾する肉の壁で自分への弾を避けていた様に見えたのですが、流石にここまで来ると駄目ですね。

これで解散すれば惨敗は必至であり、これで解散カードは切れないと言えます。

私としては、解散してほしいですけどね。

このまま政権を継続されると、国益にならない事が多すぎます。

本当に困った話ですが、一応は防衛費の増額とか、原発再稼働への道とか、他ではなし得なかったような功績もありますので全否定はしません。

ただ、これ以上やらせても良いことはなさそうですし、解散して負けた方が良いと思いますけどね。




とは言え、本当に解散したら負けるでしょうか?

確かに議席数は減らすと思いますが、今の野党はかなりダメです。

特に立憲民主党が酷いですからね・・・。

維新も大阪維新とは別物であり、これもどうかと思うのです。

国民民主党はまだ少し良いとは思いますが、自民からどこまで議席をもぎ取れるのか・・・。

実際に解散しても、実はそれほど議席を減らさないのでは?という気もしなくもないです。

まあ、岸田は解散しないと言ってましたし、多分解散はしないでしょう。

明日から天皇陛下がインドネシアに行くので、解散するなら今日しかありませんが、このまま解散なしで相場もプチ調整といったところでしょう。

解散で上げが加速するより良いですし、相場的にはちょうど良いと思っているところです。

個別材料株が良い感じになってきていますし、私たちにとっては良い相場です。

買いすぎない程度にしっかり買って、本物の上昇を狙っていきたいと思います。

かなり力を入れてきた推奨銘柄が、月曜から上昇してきており既に25%ぐらい騰がりました。

ここから更に上昇すると見ていますし、持っていないならまだ買いたい銘柄です。

ただ、上昇後にお勧めして失敗するケースもあるので、高いところは利食いだけを考えてくださいとメンバーにはレポートしています。

確実に勝利を手にして欲しいですし、自信のある方だけが攻めれば良いと思っているところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。