おはようございます。

ECB理事会を3日に控えている状況でありますが、利下げは予告されているようなものでありますし、利下げ自体はほぼ織り込まれている状態でしょう。

先送りされた場合は波乱となるでしょうけれども、実行されても特にマーケットに影響はないと考えて良いかと思います。

ただ、この利下げでありますが、既にマイナス金利すらも発生している状況でありますので、これで打ち止めと見るべきであり、打ち止めの政策に対し、マーケットはどう反応してくるのでしょうか?

確かに金融政策は重要であると思いますが、日本と同じで、ここから必要なのは金融政策以外の政策であるのです。

ですが、デフレに苦しむユーロ各国へ対し、財政健全化を押し付けてデフレを加速させるECB首脳・・・。

と言っても、それはドイツ主導であり、全会一致の考えではないのですが、この考えではギリシャなどの経済が弱い国は潰れるしか方法はありません。

まあ、実は潰したいのかも知れませんが、助けたいと考えるならば、この方法ではダメなはずなのです。

最近はギリシャが・・・なんて話は聞かなくなりましたが、相当厳しいはずですし、忘れた頃に「ギリシャが!」なんて事になる可能性もありそうです。

ECBの利下げは織り込み済み・・・。

一言で言ってしまえばこれで終わりなのですが、今後のマーケットの反応は非常に読み難い難しい材料であると言えるように思うところです。

ただ、当面は動き難い状態になると思いますので、相場は膠着状態に陥って行くでしょう。

この後は米の利上げも待っておりますが、これもまた情報が多く出されておりますので、利上げしてもサプライズはないのですし、基本的には織り込み済みでしょう。

この様な状況でありますので、相場は日経平均中心から材料株へと移って来ておりますが、日経平均の予測はギャンブル要素が強いのですが、一般ニュースでも動きが出ますので、誰でもその予想に参加しやすく、多くの個人投資家が投機筋となって先物や連動投信などの売買に夢中になりました。

しかし、こうして動きが鈍って来ますと、徐々にリスク感覚が低下して行き、おそらくではありますが、結構きついレバレッジでの取引をする人が増えているのではないかと感じているところです。

ある日突然と500円も動いたら、破産する人、大儲けする人と、半々になるかと思いますが、その後もまた500円も動けば、儲けた人の半分がまた破産したり、大儲けしたりとなり、どんどん淘汰されて行く事になるでしょう。

大きく動けば警戒心も高まりますので、毎回半分に減って行く訳ではありませんが、値動きが小さくなって来ているところで感覚をマヒさせると、本当に危険な状態となりますので、こんな時こそ日経平均の売買は注意していかなくてはならないと言えます。

さて、私はギャンブル性の高い日経平均関係の売買は、あまりお勧めはしておりません。

それしか動かない様な相場であれば、仕方がなく推奨したりもしますが、材料株の方が動きが読みやすいですし、今はどう考えても材料株が一番です。

ただ、一般の投資家にとっては、一般ニュースが反映され難いですし、特殊な情報が必要なので、ちょっとやり難いのかも知れませんが、特殊な情報が必要ならば、特殊な情報を入手すれば良いのです。

そこで、私の出番となる訳ですが、膠着した11月の相場ではありましたが、メンバーの継続率は95.2%と、かなり良い数字が出てきました。

あまりに酷い月は80%位の時もあったのですが、この材料株相場の面白さがこの更新率に表れていると言っても良いかと思うところです。

現在、諸事情により少々ずれこんではおりますが、今年一番の自信を持ってお勧めしている銘柄の仕込みが進行中です。

仕込み開始からはやや値上がりしましたが、まだまだ仕込める値段でありますし、1000株だけでもこれを買って、大幅な利食いを目指して行って頂ければと考えているところです。

現在300円台ですから、1000株も買って置けば、かなりの利益になると思います。

また、この他にも買いたい銘柄はいくつかありますし、新たな銘柄も出て来る可能性も高いので、買わずにちょっと様子見しておくの悪くはありません。

先日このコーナーでヒントを出したDも良い感じですし、とにかく色々楽しめる相場です。

材料株相場はプロの情報を利用し、勝利へ近づいて行く事をお勧め致します。

もちろんですが、プロの情報を提供しているのは私だけではありませんし、きっと他にも優れた情報はあるでしょう。

しかし、選ぶ際に注意したいのは、高い金を払えば良い情報を得られるとは思わない事です。

元々、100%なんて情報は何処にもありません。

皆真剣勝負をしているのですから、成功と共に失敗もありますし、共闘があったと思えば裏切りもあったりします。

面白い世界ではありますが、同時に闇も深いのです。

ですから、信頼できる情報源を、いかに確保するかであるのですが、継続率95%越えのS氏の相場観は、あなたの選択に値するものであると自負しております。

この材料株相場を私と共に楽しみたいのであれば、今直ぐ私をご選択ください。

では、次はメンバー専用情報でお待ちしております。

驚異的なメンバー継続率なので嘘かと思う方もおりますでしょうが、
S氏の相場観は関東財務局に登録した金融商品取引業者です。
嘘をついて会員募集をすると金融庁に罰せられます。


お申し込みはこちらから ⇒ http://soubakan.com/

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。