おはようございます。

昨日は為替に大きな動きがないのに日経平均だけが大幅に上昇し、一体何事か!?と情報を見回したのですが、今月末の日銀会合で追加緩和が出るのではないか?との思惑で、カラ売りの多い銘柄に買戻しが入ったために起こった上昇の様でありました。

昨日もレポートしましたが、米財務省が円は安過ぎると牽制したのが19日ですし、どう考えても115円より安いところで追加緩和は実行出来ないだろうと思うところです。

こんな材料で良く上値を買えるな・・・と思うところですが、こんな材料でも上値を買わざるを得ない程にカラ売りが入っていると判断する事も出来るのかも知れません。

何にしてもこうした上昇局面で買いたくはありませんし、買いたいと思うならば一呼吸待って、落ち着いたところを狙って行く様にしたいものです。

ランキングで注目銘柄を探す!!

ところで、野党が国会召集を求めているのに対し、与党は応じないという事態になっておりますね。

毎年の様に行われている臨時国会であり、やらない方がおかしい様にも思いますが、メディアでは疑惑閣僚がやり玉に挙げられるので、与党はやりたくない様だと報道されておりますね。

こんな事で国会が潰されるのも困った事でありますが、こんな事で突っつかれる様な内閣も酷いなとは思います。

しかし、開きたくない本当の理由はこれなのでしょうか?

単に安保問題であるとか、TPPであるとか、色々と今はやりたくない事が多すぎるからでは?と、勘ぐってしまいます。

まあ、どうだか分かりませんが、どっちにしてもまともではない事は確かです。

とりあえず、消費税増税という内需委縮政策を改めなければ、この国に未来はないのです。

軽減税率がどうだとか、そんな議論ではどうにもならないはずなのです。

何せ内需が8割を超える内需型の国なのです。

ですから、本来円安政策もまた、大多数の国民を苦しめる悪政であると言えるのですが、ある位程度の円安は上場企業の業績を押し上げてくれますので、日経平均は上昇しやすくなりますので、円安政策はプラスに働くと勘違いしている国民は多いと思いますが、事実はまるで違うのです

まあ、やれば分かりますし、やった上で間違いだったと気付いてくれれば良いのですが、さてさてどうなりますでしょうかね。

では、またお会い致しましょう。

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。