おはようございます。

ギシリャは高かった様ですが、今朝までの海外市場は軒並み大幅安で、特に英、米の下げに肝を冷やしている方も多いのではないかと思います。

日経平均も為替が円安なのに売られているので、相場の変調をレポートするところがあったり、まあ皆さん好き勝手言ってるなと思って見ておりましたが、これだけ株安になっているのに日経平均の下げは微々たるものです。

まあ、高値からは今日の寄り付きの予想を入れて3日で500円近く下げる計算になるのですから、それなりに下げたとも言えますが、米国株の下落に比べれば大したことはありません。

要は、円安と株高が連動しなくなったのではなく、円安が株の大幅安を防いでいるのです。

いくら円安だって、米株が大幅安なのに逆行高とは行かないのです。

ちょっと冷静に考えれば分かる事でありますが、学者は目立ちたいのかどうか知りませんが、直ぐに変わった事を言って目を引こうとするから敵いませんね。

そもそもこの相場ですが、下げの原因が米利上げ観測、ドル高による米企業の収益悪化、ギリシャ不安の再燃、原油安・・・。

ランキングで注目銘柄を探す!!

よく考えてください。

どれも想定内ではありませんか?

この中に何か変わった事が一つでもありますか?

そう・・・全く何も変わっていないのです。

別に米株に割高感が出ている訳でもありませんし、日経平均だって別に割高ではありません。

特に材料株なんて、全然買われてもいない銘柄の方が多いのですから、何も心配する必要なんてないのです。

では、何故に下げているのか?でありますが、何度もレポートしている通り、特に日本株はスピード違反なのです。

18500円以上はやり過ぎであると、何度もレポートしましたし、押し目が必要だともレポートしました。

まあ、そんなに簡単に押し目を買わせてくれないだろうともしましたが、MSQが直前ともなれば、この位の波乱はあって当然とも言えます。

下げてくると怖くなるかも知れませんが、こんな下げは別になんて事はありませんし、下げたところこそが本気で買いに行けるチャンスと考えておけば良いだけの事です。

まあ、この値段で買いに行くのはどうかと思いますが、弱気で見ていると判断を誤ってしまうように思うところであります。

ランキングで注目銘柄を探す!!

特に今後は材料株が動きやすくなるはずですし、手の入っている銘柄を中心に、上昇機会を伺って行くべきと思うところであります。

今のところあまり面白い相場ではありませんが、面白くなる可能性は非常に高い相場であると思います。

何でも買えば良いと言う訳ではありませんが、基本的に強気維持で行くのが勝利への近道であると思うところであります。

では、またお会い致しましょう。

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。