おはようございます。

昨夜の米国株は、イラク情勢の悪化が影響しつつも、経済指標はまずまずであり、揉み合いとなりながらも各指数は小幅ながら揃って続伸となりました。

ただ、やはり気になるのはイラク情勢で、いくら過激派が・・・とは言え、米の責任もなくはないのです。

ですから、米がこの戦争を無視する訳にも行きませんから、何らかの形で介入となるのは明らかなのですが、介入の程度によっては米経済に悪影響を与える可能性もあると言えます。

せっかく回復してきている米経済が潰れない事を祈るばかりでありますが、とにかくイラク情勢はよく観察して行くより他はありません。

当面円高になる要素はないと見ていたのですが、既にこの影響で円高に動きだしておりますし、米が介入ともなれば、円高は加速しかねません。

特に100円付近は非常に硬いラインと見ていましたし、ヘッジファンドは膠着した相場から円安に向けて仕掛ける準備をしているところもあった様ですし、相場が円高に動けば買戻しの動きも出ますので、場合によっては急激な円高の動きが出ておかしくありません。

この辺で揉み合っている分には特に問題はありませんし、この問題がなければ円安に向かう相場でしかないと見ていたのですが、事態の進展状況によっては予想外の円高も有り得そうです。

その場合は株式市場もダメージを負うことになると思いますが、心構えや対策、その後の方向性などについてはメンバー向けにレポートします。

では、ここからはメンバー専用となります。

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。