おはようございます。

先週末は連休前ということや、世界情勢の不安定性から売りが多く出されて大きく下げた相場となりましたが、週末のNYに大きな不安はありませんでしたし、日本株は少々不安に駆られ過ぎた動きだったように思えます。

この週末は多くの質問が寄せられたのですが、不安になっても仕方がないなと思える質問の一つに外資の大幅売り越しがありました。

リーマンショック直後の売りを上回る量が売られたのですから、それはまあ不安になるだろうとも思えるニュースであったかとは思いましたが、去年の外資の買い越し額から比べれば、まだまだ大した額ではありません。

去年の外資の買い越し額は15兆3600億円でありますし、まだまだ10兆円を超える額が残っているのです。

これを見て外資が逃げているのでは?などと聞かれますが、円安、株安で利益が出るはずもないのです。

また、外資だから必ず利益を取っている訳ではなく、当然下手な外資もいるのです。

先週売った外資が上手か、それとも下手なのかは気になるところではありますが、大きな流れに変わりはないと考えるべきでしょう。

上昇に転じるのは今年の末か?それとも更に先か?なんて質問もありましたが、それ程企業業績は悪くないです。

また、これから消費税増税の影響が出て、企業業績が悪化する事を危惧しているのかもしれませんが、そんなことは誰でも分かっている事であり、それを放置する政府とも思えません。

まあ、週末から今朝にかけても御用記事が紙面を飾っており、こんなことで何とかしようとしているのか!?と考えると、流石に怖いなと思ってしまうのですが、流石にそこまで馬鹿ではないだろうと考えるところでもあります。

その他いろいろと質問などもありましたが、大事な事を忘れてはいけないと思うのです。

株の利益は恐怖の先であり、恐怖を乗り越えた者だけが手にするものなのです。

恐怖に耐え切れないなら株なんてやめて定期預金か国債でも買っておけば良いのです。

楽して儲けようなんて甘いとしか言いようがありません。

株で利益を手にすれば、「楽して儲けやがった!」と、世間からは思われるという理不尽さはありますが、実はそんなに甘いものではありません。

報道されるのは一時の成功者ばかりでありますし、ドラマなどで描かれるのは調子に乗って失敗する様子ばかりであり、なんとも理不尽なものだと思うところではありますが、とにかく勉強や研究をした甲斐がある世界であります。

まあ、いくら研究してもその方向が間違っていれば大変な事になりますし、どんなに正しい研究をしても運がなければ終わりでもありますけどね。

とにかく、これだけ問い合わせが来るのですから、辛い局面であることは確かであろうかと思います。

もしかすると、想定していなかったとんでもないものが隠れていてもおかしくない値動きであり、場合によっては韓国のデフォルトでもあるのではないか?なんて意見もありました。

確かにそんなことがあってもおかしくはないなと思うところであり、最終的には影響はそれ程大きくないとしても、目先としては影響を受ける可能性は十分にありますからね。

一説によると、韓国がデフォルトするまで日本政府は政策を出さずに待っているとか・・・まあ、あり得なくもないかと思うところではありますが、それでも結局上に行く相場と考えて行くべきであり、目先ショックが起こっても売らされなければそれで良いと考えて良い相場でしょう。

とにかく、個別で期待度の高い銘柄がいくつかありますし、勝負はそこでと考えれば良いかと思います。

という訳で、ここからはメンバー専用となります。

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。