おはようございます。

昨夜の米国株は、引き続き週末の雇用統計を確認して金融政策の行方を占いたいとの思惑が強かったようで、終始軟調に推移したようですが、売りたたくような相場ではなく、大引けでは値を戻す展開でありました。

また、為替が円高方向で動いており、NYは小幅な下げであったのですが、一時225先物も大きく下げる場面がありました。

ただ、夜間取引終了後のCMEは小幅安まで値を戻しておりますし、今日の東京は弱含みながらも特に問題なく推移するように思います。

ポイントは、やはり週末の米雇用統計であり、来週のMSQとなるので、ここは素直にお休みと考えて行けば良いでしょう。

お休み中に押す場面があれば、買って行けば良いだけの事です。

何時も書いていることですが、上がっている時に買いたくなっても勝てやしないのです。

下げている時に買ってこそ、利益が確保できる可能性が高まるので、下げている場面こそが買い場であるのです。

嫌だなと思うほどに買い!

まあ、相場の流れも読まなくてはなりませんけどね・・・。

では、ここからはメンバー専用となります。

以下メンバー専用

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。