おはようございます。

昨夜は米国株は謝祭でお休みでしたし、特に影響のありそうなニュースもありませんでしたので、今日も東京は昨日に引き続き材料株が中心の相場になって行く様に考えております。

日経新聞一面トップでは、「日本株高、世界で際立つ」と題して株高を強調しておりますが、スタート位置があまりに低いので、率で考えても仕方がない様に思うところです。

ただ、こうなることは読めていたことであり、だからこそ私は投資を呼び掛け続けていたのです。

とは言え、225が中心の値上がりであり、個別では未だ放置されている銘柄も多く、ポートフォリオが大幅黒字であるとは限りませんが、それでもポイントでは225の買いもお奨めしておりますし、大分利益を増やされている方も居られるのも事実です。

そして、今尚NT倍率が最高水準であるから暴落を警戒しろだとかと、株を買ったこともない様な何とか大学の教授が偉そうに講釈を垂れたりしておりますが、そもそもの間違いは過去に起こったことがまた起こるとの浅はかな考えです。

その時その時の空気は全く無視されておりますし、世の先行きを予想する事が完全に欠落しているのです。

まあ、もしかしたらすべての事が過去と一緒であれば、もしかしたら同じことが起こるかも知れませんが、例えば春先の急落があった時のNT倍率と、今が・・・という事になったとしても、騰落レシオは全く別の形であるのです。

私は、そもそも株価の予想を数学的に考える事が間違いであると考えており、過去のチャートに照らし合わせて・・・なんて事は無意味であるとしか考えておりません。

もちろん過去のチャートそっくりに動くことはありますし、この形は流石に不味いとか、この形は良い感じになりそうだ・・・なんて事もなくもないのですが、相場というものはこうした心理を突いて相手の裏を書いて勝負を挑むものなのです。

良いですか?相場で利益を得るためには、相手の裏を突くのです。

チャートが・・・なんてものはみんな罠とでも考えておけば良いのです。

誰が見ても騰がると思えるチャートがあれば、当然そこで利食いをと考えて仕掛けてくるところもあるのです。

ですから、チャートの研究なんて何の意味もなく、要は影響力のある大口投資家などがどんな行動をしようとしているかを観察し、その裏を突けるかどうかが重要なのです。

そんな情報を得るために、私は日々アンテナを張り巡らせているのですし、この貴重な情報を惜しげもなく提供しているのです。

チャートで売買したいならばそれはそれでも良いと思いますが、何十年もやって来てそれでは儲からないと結論付けている私に、チャートの質問をしても無意味であるのです。

まあ、NT倍率はチャートとは違うといえますが、にしてもチャートの仲間みたいなものですからね。

実は私も参考にする指数ではありますが、少なくとも騰落レシオは組み合わせます。

これ単体で今後をどうだなんていう事は絶対にありえない話です。

さあ、恐れる事なんてほとんどない投資には好環境が続いておりますし、引き続き強気で売買していけば良いでしょう。

もちろん、度を越した姿勢は好環境でも大損害が出ますので、あくまでも適切な強気が必要ですけどね・・・。

という訳で、ここからはメンバー専用情報となります。

以下メンバー専用

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。