おはようございます。

昨夜の米国株は、小売りのメーシーズが好決算を発表した事に刺激されて消費関連株が中心に値上がりし、NYダウ、SP500は共に最高値を更新しました。

悪い話ではないのですが、ここまでの相場は量的緩和策の継続が材料であったのですから、こうした決算は緩和策の縮小を連想させるものであり、普通に考えれば上値は買えないのです。

こんな相場で次期FRB議長となるイエレン氏は、どれ程の手腕を発揮できるのでしょうか。

結局、これほどまでに買われる理由としては、やはりばら撒かれたマネーが膨大だという事になるのでしょう。

決算が・・・という理由を超えた動きがある様に思えますし、この辺をよく考えないと相場の先行きを見誤ってしまうでしょう。

さて、なかなかボックスから抜け出せない日本株ですが、高値の期日を迎える銘柄が多くなって来ており、期日を超えたから直ぐ暴騰とは行かない銘柄が多い様に思いますが、昨日は期日を越えたパイオニアは急騰しておりました。

全部が全部こうなる訳ではありませんし、タイミングがずれてくる銘柄もありますが、こうなる銘柄は増えてくるでしょうし、相場も活性化して行くと見ております。

何故にここまで自信たっぷりに言えるか言いますと、とにかく外資の強烈な買い越し姿勢です。

夏以降の揉み合いの中で個人が現物株を次々に売って行く中で、外資は着々と買いを進めており、その買い越し額は13兆円にも上っているのです。

随分弱気な発言もありますが、個人が売って、外資が買っての相場で下げる相場なんて見たことがありませんし、今回もまた上げる相場が来ると見て良いでしょう。

特に突っ込んだ銘柄は目先も取らせてくれる可能性は高いと見ますし、特に注目していくと良いでしょう。

何度も書いてきておりますが、強気で行かないと取れない相場です。

今日も高そうな感じはしますが、個別で安いものは買って行けば良いだろうと考えているところです。

もちろん先高観がある銘柄のですけどね。

では、ここからはメンバー専用となります。

以下メンバー専用

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。