おはようございます。

悪い意味で何も変わっていない週明けとなりそうな東京株式市場ですが、米の混乱はどこまで続くのでしょうか。

先週末の米国株は、米議会の混乱をよそに各指数は反発しておりますが、そうはいっても何とかなるでしょう?的な、高をくくったような動きが気に入りません。

嬉しい動きではありませんが、こういう人為的な悪材料はマーケットが圧力をかけなければ、長引く可能性が高くなるというものです。

どうにもならない悪材料の訳がないのですが、ある意味ではプライドの戦いとなっているので、引くに引けない戦いが思わぬ混乱をひこ起こす可能性がある事も考えておかなくてはなりません。

米の事なので、分かり難い事も多く、何とも判断は難しいところではあるのですが、とにかくこの異常事態は事件や事故ではなく、あくまでも人為的に作られているものであり、最悪の事態は回避するものと考えて良いとは思うのですが、全体の動きがそうなってはダメなのです。

全体がそう考えるならば、まだ議会の混乱は続くという事になるでしょう。

さて、こんな状況でありますので、企業業績が堅調で、中間配当が5年ぶりの最高水準に達した事や足元の業績も堅調で、今後出てくると予想される良好な決算が何処まで評価される相場なのかを考えるのが非常に難しいのですが、とにかく米議会が折り合ってくれれば、こうした好材料が買われる相場になる可能性は高いと見て良いでしょう。

全体的な動きがこうなる事は望みませんし、投資スタンスは非常に難しいところではあるのですが、しっかりと先を見据えて行動して行けば、それ程難しい相場ではありません。

目先は非常に難しくなっておりますが、難しいと分かっているところで難しい行動をしなければ良いだけなので、実はそれほど難しくもないという事にもなるのですけどね・・・。

まあ、詳しくはメンバー専用で書いて行きます。

ただいま10月メンバーの募集中です。メンバー向けには為替動向、個別銘柄など、より実践的なレポートを発行しております。

なお期間限定ですが、全額返金キャンペーンも行っておりますので、チャンスを逃さないために是非一度だけでもご利用してみてください。

会費以上のコストパフォーマンスの高い情報を配信できると思います。

お申し込みはこちらから ⇒ http://soubakan.com/
 
携帯の方はこちらから ⇒ http://soubakan.com/mobile.html

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。