実質9月分の会費が無料!!
臨時募集のお申し込みはこちらから


おはようございます。

昨夜の米国株は、FOMCの結果待ちで様子見で始まったのですが、誰もが金融緩和策の縮小を覚悟していたにも関わらず、縮小策は見送られるというサプライズが起こりました。

辞退したサマーズ氏が後任ならば、間違いなく緩和縮小となったはずですが、現議長であるバーナンキ氏と考えが似ているイエレン副議長が時期候補となったため、現議長の意向というよりも、次期議長の意向でこうなったと考えればよさそうです。

結果としてNYダウは1%近い値上がりになりましたし、ドルが売られて円高にもなりましたので、日本株への影響も懸念された訳ですが、CME日経平均先物も高く、円高=日本株安の構図は崩れ去っている様に思いました。

これは、今買われているのは輸出関連株ではないという事もあると思いますが、そういうパターンで売買するプログラム売買が少なくなったという事でしょう。

いつも同じだと思っていると、とんでもない間違いを犯しかねませんので、この辺には十分に注意したいところです。

さて、とにかく株は騰がるとして、下げれば下げる程に強気で買いをお勧めして来た訳で、その成果が出て来ているところでありますが、まだまだ想定している上昇から考えれば登山口に立ったところであり、本格的登山はこれからと言う事になります。

全体が活況になる相場であると考えており、そういう意味では何を買っても騰がるだろうとも思うところですが、それでも大きく上がるところであるとか、確実性が高いところがあるのも事実であります。

実際、次にどの銘柄が騰がりだすかは分かりませんが、騰がりだす時期が近そうな銘柄は分かります。

また、近いかどうかはちょっと分からなくとも、ほぼ間違いなく大幅な上昇機会が訪れる可能性が高い銘柄も分かります。

こんな条件から、今、ここで買いたい銘柄は・・・。

既に推奨済みの銘柄ですが、特選銘柄として、改めてレポートしたいと思いますので、興味のある方はお早めにご入会いただき、お早目に仕込まれるとよろしいでしょう。

また、昨日も書いておりますが、NISAの戦いは既に始まっているのです。

時間と共にじりじりと買われて行く銘柄が多くなると思いますし、解禁になってからでは遅いとまでは言いませんが、しっかりと準備して行かなくてはなりません。

とにかく、春先の相場を忘れてはなりません。

株は安いところで買って、高いところで売るのですが、安いところで乗れなかった投資家の多い事多い事。

今、春先の様な安値圏ではありませんが、あくまでもここが新たなスタート地点でしょう。

ここで動けていないと、春と同じ結果になりかねません。

急騰はしておりませんが、値動きは非常に強いのです。

普通、あれだけ無茶な上昇をやったのですから、半年は休んで当然の相場なのです。

ですから、本来ならば11月後半まで虐め抜く相場になってもおかしくないのですが、日経平均は既に15000円にリーチをかけておりますし、これを抜いて来れば春の高値を抜き去るのも時間の問題となるはずです。

ポイントは、時期を待たずに上昇して来たといいますか、時期を待てずに上昇するほど強い相場と理解すべき相場なのです。

そして、こんな相場の可能性をを予想していたからこそ、下げても強気で見れば良いし、買えなくとも売らされなければ良いとしてきたのです。

利にかなった行動を続けていれば、利益はおのずと出てくるものであるのです。

ここからはメンバー専用となりますが、今月は臨時のメンバー募集をしておりますので、気になる方はご入会の上でメンバー情報を手にして頂ければと思います。

貴方様のご入会をお待ち申し上げております。

以下メンバー専用

実質9月分の会費が無料!!
臨時募集のお申し込みはこちらから

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。