おはようございます。

私とメンバー各位にとっては波乱の週末でしたが、東京、NYはほぼ平穏でありました。

株式投資をやっていると、どうしても波乱に巻き込まれることがありますが、その波乱が好機なのか、それとも危機なのかの判断をどれだけ早くに下せるか。

そして、行動できるかどうかでその成績は大きく変わる訳です。

週末は大分調査をしたのですが、直観通りこの波乱は好機であるとの判断となりました。

週明けの動きは見てみないと分かりませんが、下げならチャンス継続となるでしょう。

全体的には強含みであると思われますし、問題ないスタートとなるのではないかと感じておりますので、好材料の効果もあって上昇して始まるのではないかとは思うのですが、先行きをしっかりと見て、上手く行動して頂ければと思います。

さて、今朝の日経新聞によりますと、世論調査の結果消費税増税の理解は深まり、増税を容認する人が増えたとの事です。

メディアの洗脳が上手いとも言えますが、何時から日本人はこんなに頭が悪くなったのでしょうね・・・。

新聞の調査にもあるのですが、アベノミクスによる景気回復の効果を75%の人が実感していないのです。

未だ感じないだけでこれからなのだと言われると、反論しようもないのですが、景気回復を願うならば、すべきは減税であり、増税ではないのです。

マネーを市場に供給しても、貸出側が貸しやすくなる環境を作らなければ無駄ですし、借り手が借りたくなるような経済状況にならなければ駄目なのです。

そして、米を見れば分かりますが、あの国がリーマンショックと言う強烈なダメージから立ち直ってこれたのは、間違いなく減税の効果なのです。

景気が悪いところで増税して、どうして景気が良くなりますか!

そして、特に消費税増税の理論がおかしすぎるのです。

老人が増えると言う事は、働く人が減ると言う事で、所得税が取れなくなる。

老人も消費するのだから、消費税!

小学生がこの理論で騙されるならば仕方がないと思うところですが、騙されているのは大の大人です。

確かに日々の食糧等の消費は誰でも一緒であると言えますが、老人ほど食べませんし、若い人ほど食べます。

そして、富裕層に近い人たちは、増税となれば防衛のためにお金を使わなくなります。

貧乏人は入ったお金を全部使ってしまいますから、あまり関係ないのですが、お金に余裕があって、職はないと言う人ほど使わなくなるのは当然でしょう。

超富裕層にとっては関係ない話だと思いますが、所得が低ければ低いほどに負担は大きいのです。

デフレ脱却だとか言いますが、増税は生活防衛思考を強めますので、駆け込み消費はあるとしても、その後は冷え込んで当然です。

消費税は、特に現役世代を直撃するのですし、これほど愚かな税はありません。

こんな愚かな税を容認するなんて、本当に信じられない程に日本人は馬鹿になったと言わざるを得ません。

こう考えて行くと株式投資はどうなんだろう?となるのですが、一応政府も真実は分かっているでしょう。

ですから、この悪影響をごまかすために、いろいろと政策を出してくるはずであり、それが株価を押し上げる事になるでしょう。

そして、世界を見れば、間違いなくインフレの波にのまれているのですから、物価は放っておいても上昇でしょう。

まあ、輸入物価の上昇であり、非常に悪いインフレでありますし、これに輪をかけて円安にしようなどと言うのですから、本当に先が思いやられる悪政と言わざるを得ませんけどね・・・。

その内この愚かさに気づく国民が増える事を祈りつつ、とりあえずは生活防衛などのために、能力と時間があるならば株式投資をと言う事になるでしょう。

騰がるものは騰がりますからね・・・。

怖い事もありますが、株式投資に恐怖はつきものでありますので、恐怖が苦手な方はやらない方が良いですけどね。

ただ、恐怖も緩和する手段はあります。

その一番の手段は、買い過ぎない事!

これさえ分かっていれば、実は入会しなくとも儲けられる人が激増ですはずです。

まあ、情報があった方が楽しいと思いますし、良かったら私の持っている情報を使って見てはいかがでしょうか?

買い過ぎない基本と、良質な情報があれば、株式投資はかなり楽しくなる事でしょう。

では、ここからはメンバー専用となります。

以下メンバー専用

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。