おはようございます。

昨夜の米国株は、またも金融緩和策の縮小が中心話題だったようで、またも縮小論が相場を冷やしました。

前日は縮小継続で買われ、その前は縮小論で売られと、もはや日替わりメニュー状態であり、この話題で売ったり買ったりも飽きたなと思うところでありますが、他に話題もないので仕方がないとも言えます。

ただ、先々を見通しておかないと、この振幅に耐えられなくなる可能性が高いと言えます。

日替わりメニューの後に出てくる特別メニューを見越し、余裕を持たせて行くべきところです。

今はサマーバケーションの時期であり、何処も相場は様子見なのですから、いちいち振り回されない様にしたいものです。

8月も中旬になりましたし、そろそろ新たな動きが出てくる可能性があると見て良いのですが、9月は波乱の月となりそうで、上にも下にも振れやすくなりそうな気配が濃厚と見ております。

もちろんですが、上でも下でも動きを見極めて、的確に行動して行かなくてはなりません。

では、ここからはメンバー専用となります。

以下メンバー専用

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。