おはようございます。

日本が連休中のNYは小幅ながら続伸したので、小幅ながらもNYダウは史上最高値を更新してきました。

中国の経済成長率が鈍化したと伝えられ、嫌なムードもあるのですが、今の状態で中国が経済成長を鈍化していないと言う数字が出るよりはマシでしょう。

実はもっと悪いと言う見方もありますが、それでもまあ無難な数字だったように思います。

今朝の日経新聞一面では、外需の伸び悩みで中国の輸出が落ち込み中国景気の足踏みが世界景気に影響を及ぼすのは必至だと言うような感じで書いているのですが、まあ悪循環である事は確かですが、そもそもEU諸国が中心に景気が悪い事や、日本との関係が悪くなっている事による輸出の伸び悩みの結果であります。

中国で稼ぐ多くの外資系企業は稼いだお金の多くを海外に持ち出せませんし、中国高官を除く一般人もまた国外にお金を持ち出しにくいので、シャドウバンキングが大盛況となる訳です。

確かに影響ないとは言えないと思いますし、悪循環ではあると思うところですが、中国の景気が鈍化したから世界経済が・・・ではないと考えるべきでしょう。

あくまでも世界の経済が鈍化しているから、その結果として中国の景気が悪くなったと判断すべきであり、やはり見るべきは米であり、日本であり、ユーロ諸国であり、中国以外の新興国であると言えるのです。

と言う訳で米ですが、失業率が6.5%まで改善するまで金融緩和は継続するとしてきましたので、これはもう当分緩和縮小はないと考えるべきでしょう。

まあ、当のバーナンキ議長の任期が来年4月ですので、それ以降は分かりませんが、当分は心配しなくてよいと言う事になるでしょう。

シェールガスの恩恵も大きいですし、米は間違いなく復活して行くと見て良いですし、大きな心配はいらないと見ます。

ただ、目先としてはちょっと行き過ぎているので、何時調整が入ってもおかしくはないですけどね。

次に日本ですが、アベノミクスが優れたものか?となれば、・・・としか言いようがないのですが、増税までの間にコケる訳には行きません。

是が非でも景気をあおってくるでしょうし、まあ当面は良いでしょう。

結局、無駄を省くだけでもまだまだやれる国ですからね。

確かに、気になる事は沢山あります。

医療先進国だとか言いながら、膨大に増え続ける医療費と病人。

本当に医療が発達していると言うのであれば、病人は減って然るべきであるのですが、どこを向いても病人ばかり!

体を治すのは医者ではないと言う事に気が付かなければ、この国に未来はないのです。

ネット社会ですし、そろそろこれに気づく人がもっと増えても良いと思うのですけどね・・・。

健康保険なんて選択制にして、ケガ用、病気用、併用にでも分ければ良いと思う位です。

お医者様には申し訳ないと思うところですが、今の日本は医者優遇が行き過ぎてます。

病人を減らすことが出来たならば敬いますが、現状では病人を増やしている悪人であると言っても過言ではありません。

もちろんすべてのお医者様とは言いません。

中には素晴らしいお医者様もいらっしゃいます。

投資顧問だってそのほとんどは自身の金儲けにしか興味のない口先だけの詐欺業者がほとんどですからね。

多くの投資顧問なんて自身は善だと思っている人などいないと思いますし、おそらくは悪を認識している事でしょう。

実は、悪と認識しているだけまだ救いがあるし、救われる可能性はあるのですが、悪と認識せずに悪行を行っている人と言うのは、悪行に気づいていないので救われない可能性が高いのです。

良かれと思って悪行を善行と思って行う事ほど手におえないものはないですからね・・・。

また、民族全体の気質や勤勉さなんかは、いまだに世界最高水準であろうと思うところですが、犯罪者なのに犯罪者だと気づいていない人がどれ程多いか・・・。

特に食に携わる人、医療に携わる人、金融に携わる人、行政に携わる人・・・とにかく酷すぎます。

食に携わる人へ聞きます。

貴方は貴方が作ったものを自分で食べたいと思いますか?

医療に携わる人へ聞きます。

貴方は本当にその薬を飲みたいですか?そして、その手術を受けたいですか?

金融に携わる人へ聞きます。

貴方は本当にその金融商品を買いたいと思いますか?

行政に携わる人へ聞きます。

それは本当に国民のためですか?

まあ、これは代表例に過ぎませんで、これ以外の人は大丈夫と言う事ではありませんし、そんな中でも素晴らしい人たちもいらっしゃいます。

今はまだほんの一握りではありますが、素晴らしい人たちが日本の中心に立ってくれる時代が来ることを信じて行きたいと思いますし、及ばずながら日々いろいろと書かせていただきたいと思っております。

さて、株の方ですが、どうでしょう・・・みなさん上手く行っておりますか?

最新の投資判断についてはメンバーサイトを参考にしてみて下さい。

以下メンバー専用

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。