おはようございます。

Tomorrow is the big day.

昨日囁かれていた昨夜のFOMCに対する言葉ですが、皆FRB議長の声明を固唾をのんで見守っておりました。

声明発表直前まではNYダウは微動だとせず、狭いレンジでの揉み合いとなっておりましたが、いよいよその発表が売りを誘発してNYダウは1.35%程下げたのですが、前日までの上げを考えればなんて事の無い下落であり、声明を受けても相場は混乱しなかったと考えて良いでしょう。

その声明の内容ですが、予想通りではあるのですが、かなり無難なものでありました。

景気の回復を認識しつつ、時期は明言しませんでしたが来年には緩和策を縮小すると言うものであり、これで皆縮小をゆっくり検討出来る状態になったと考えて良いでしょう。

バーナンキ議長は自身の任期である来年1月までは緩和を継続すると過去に明言しており、よほどの変調でもない限りはここで縮小の心配をする必要などないのです。

しかし、マーケットと言うのは本当におかしなもので、引き締めがあるのではないかと思うと落ち着きを無くして大混乱となってしまうのです。

昔の投資家ならばもう少しまともな対応が出来たのではないかと思うところですが、巨額のマネーが市場に供給されている為だと思うのですが、非常に乱暴な値動きが続いており、時としてはこんな動きも出てしまう相場になってしまった訳です。

今のところマーケットがこの声明を受けてどんな反応をするかは分かりませんが、円安にも振れている事ですし、まあそれ程悪い動きにもならないような感じはしております。

SQ通過で整理も付いておりますし、当面急落の心配だけはないように思います。

どう反応するか?と言うのは、どのセクターが買われるか?と言うところであり、先行きが読めていない訳ではございません。

その辺を良く理解して行動して頂ければと思います。

さて、今後の日本株の予想ですが、これはメンバー向けに詳しく書いていきたいと思います。

良くレポートを検討し、今後の売買にお役立て下さい。

以下メンバー専用

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。