おはようございます。

非常に読みにくい相場が続いておりますね。

新たな策を示さなかった日銀に対し、失望感がと言う事での報道が多かったのですが、その割には下げませんでしたし、失望ならば火曜日の後場にガタガタに売られるはずであり、これを失望とは言わないだろうと言う感じで見ておりました。

ただ、日銀の異次元緩和の結果を検証すると、株価は往って来いになっており、金利はピーク時よりは落ち着いておりますが上昇したままであり、現時点の株価と金利を見る限りは失策と言わざるを得ません。

まあ、貸出準備金は史上最高額でありますし、日銀的にはやるだけやった感は強く、後は政府がそうしたお金を借りたくなるような政策を施行すれば良いのです。

そして、設備投資減税が明記され、やっと少しは動き出したかな?と言う感じはしますが、日経平均先物は冴えない展開が続いている訳です。

それは何故かと言いますと、米が金融緩和策を縮小するのではないかと言う懸念で、世界中の投資マネーが引き揚げに動いているからであると言えます。

結局、日本が何をどうしようとも、米の景気が悪くなればどうにもならないと言う事を表しているとも言え、ここは米の政策に注目せざるを得ない状況であると言えましょう。

何故にここまで緩和縮小を意識しているかと言えば、それなりに景気が回復してきているからであると言え、本当は良い事であるとも言えるのですが、意外と失業率は高い状態が続いておりますし、ここで引き締めに動かれると危ないのではないかと言う懸念もあると言えます。

先日、FRB関係者が金融政策は維持する方向であると言うコメントをだし、それなりに相場は落ち着いた訳ですが、やはりFOMCの声明が発表されるまでは身動きが取れないと言ったところでしょうか。

なかなか厳しい話ではありますが、この相場はあくまでも金融相場であり、その中心はあくまでも米であるのですから、目先としては日本が何をどうしようとも、どうにもならないと言う事でしょう。

さて、とりあえず国内の政策はまずまずと思いますので、後は米の動きを見るしかない状況ですが、米はどう出てくるのでしょうか。

下手に引き締めれば、間違いなくショックが起こるでしょうし、それは願っている事ではないはずです。

しかし、いずれは通る道でありますし、引き伸ばしても良いとは限りません。

結局、マーケットはいずれ来る引き締めの恐怖に怯えながらの展開となるのですから、いっそのこと引き締めに動いてもらった方がはっきりして良いとも言えます。

日本株は随分と下げましたし、既に異次元緩和の効果は消え、金利の上昇と言う予想外の副作用だけが残った訳です。

これは、日銀が予想できなかった症状であり、頭の痛いところであると思うところでありますが、それでも諦めずに次の政策は打ち出してくるでしょう。

と言いますか、本当に凄い政策は未だ隠していると思いますけどね・・・。

何せ選挙で勝ちたいのですから、こんなところで出したら選挙前に相場が終わってしまうのです。

マーケットはそういった凄い政策を促進しているとも言えますので、まあ当分もみ合いが続くかもしれませんね。

ただ、どんなにすごい政策を出したとしても、全ては米の金融政策次第とも言えますので、やはり来週のFOMCを待つしかないかもしれませんね。

何とも微妙な状態でありますが、それでも結局上を目指しているのは確かなのです。

ちなみにですが、消費税増税を撤回すれば、相場は暴騰しますけどね・・・。

別に使うところを減らして、国民の負担も減らせば良いだけであり、お金がないのにあれもやろう、これもやろうと言う姿勢が悪いだけなのです。

まあ、権力を誇示したい政治家や官僚にはそう言う発想はないでしょうけどね・・・。

では、ここから具体的な投資判断に入るので、メンバー専用とさせて頂きます。

以下メンバー専用

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。