おはようございます。

先週末のNY株式市場は、高値圏にも関わらず更に上昇し、各指数は1%程度の上昇となっておりました。

ここまで来てもまだこれほどの上昇は脅威と言えますが、株高がもたらす景気への効果は大きい訳で、基本的にこの流れを止めることはないと思うところです。

ただ、FOMC議事録の発表が22日にあるのですが、ここで量的緩和策の縮小などが発表される可能性も示唆されており、少々波乱含みになる可能性も否定はできないでしょう。

ここの所の東京は、かなりNY離れしていると言えますが、あまりに下げる事になればその影響は免れませんので、影響は低下しているとは言え、観察は続けて行くべきでありましょう。

さて、今日の東京株式市場ですが、先物は15300円に乗せてきておりますし、北朝鮮が短距離ミサイルを飛ばした事以外に目立った悪材料もありませんので、日経平均は素直に上昇することになりそうです。

先週までは大分警戒して相場を見て来まして、日経平均的にはそれほどきつい値動きはなかったのですが、個別では追証が続出して暴落するような銘柄がいくつもありましたし、日経平均自体はきつい調整にならなかったのですが、個別では大分調整が済んだと見てもよさそうです。

為替も予想通りに円安方向に進んでおりますし、おそらくは予想通りの付近までは行くのではないかと見ておりますので、自動売買に任せている人には関係ないことかもしれませんが、投資方針としてはドル買いで行けば良いだろうと言う事になると思います。

ただ、どこかで反転し、再度100円割れぐらいまでは動く可能性がありますので、あまり無茶な買いでは身が持たないでしょう。

自動売買でも一瞬の隙を突かれて大損と言う事もあり得そうですので、値動きはよく観察して行くと良いでしょう。

そして、株の方ですが、当然円安を最大の材料として買ってきた訳ですから、円高に大きく動く局面が出れば、当然大きく下落することは免れません。

引き続き買い姿勢で良いのですが、あまり無茶な事をすれば、せっかくの利益を吹き飛ばしてしまう事になりかねません。

もっと利益を!と思う事もあろうかとは思いますが、買いに行くべきものを間違うと大変な結果になりかねません。

先週は酷く売られたリート関連株を買いに行ったりしましたが、本当に利益を得ようと思ったならば、あのような怖いところを買いに行くべきなのです。

騰がっている株を追いかけても、結局リスクばかりが高くて良い利益には結びつかないのです。

上昇期待度の高い銘柄の押し目を買う!

これこそが投資で成功するために必要な行動であると思っており、推奨銘柄は出来るだけそれに沿った形での推奨としているところでありますので、多くのメンバーはその方針で売買していると思いますし、そうしているほとんどのメンバーは、良好な成績であると言う事になると思います。

まあ、これだけ良い相場ですから、とにかく買いを基本として欲しいと言う大方針がありそこさえ守られていれば、ほぼ大丈夫であるとも思うのですけどね。

では、ここからはメンバー専用となります。

以下メンバー専用

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。