おはようございます。

昨夜のNYは、NYダウが小幅ながらも続伸で、小幅ながらも高値更新となりました。

決算シーズン入りで慎重姿勢であると言えるのですが、それにしても強いの一言であります。

米国は、潜在的な原油輸入に絡む赤字が多かったのですが、シェールガス開発が進むにつれてその赤字が減ってきており、製品の輸出には影響が出てくるとしても、やはりドルが上昇すると言うことは、国力が増すと言う事でありますので、その辺も市場は評価してきていると言う事になるでしょう。

いずれはエネルギー輸出国になるとまで言われている米ですが、シェールガス開発が米の窮地を救い、米は大復活を遂げるとの見通しを早くから打ち立てて、その方針で投資している我々の読みは大正解と言う事になるでしょう。

米は返しきれない程の借金を抱えている等と言う話もあるようですが、シェールガス開発がどれ程の恩恵をもたらすかを考えれば、返しきれない借金なんて物はないと言っても過言ではないのです。

何時までも借金大国であると思ったら大間違いであり、それがこの異常なまでに高い株価を許している要因であるとも言えるのです。

確かに巨額のバラマキの結果であるとも言えるのですが、単なるインフレによる株高であれば、もっと爆発的に株価が上昇して行く事になるのであり、単にバラマキの結果だけではないと言うことも認識しておかなくてはならないところであるのです。

なんだかんだと言われておりますが、米はシェールガスで復活しますし、日本もその恩恵を受けるのは間違いないのです。

それこそなんだかんだと言われておりますが、一番米と仲良くやってきたのは他ならぬ日本なのです。

東日本大震災の時にはいの一番で駆けつけて、大規模な救出活動をしてくれましたし、米兵の悪行であるとか、戦争好きで乱暴であるとか、悪い面ばかりを見るべきではないのです。

真摯に真心を持ってお付き合いすれば、これ程良い友達になれる国はないと思うのですけどね。

まあ、その辺の話は置いておいて、今後の日本株ですが、日銀の巨額緩和策によって為替が円安方向に振れておりますが、米の復活によりドル高が進む事になりますから、相乗効果で円安が進んでいく可能性は高くなると言えます。

ただ、今朝の日経新聞によれば、主要企業(輸出主体と思われる)のほとんどが為替は95円~100円が望ましいとしており、それ以上になれば原料コストの値上がりで苦しくなるとも言っており、政府日銀の対応が今後どうなって行くのかに注目したいところです。

GDPの85%程を占める内需企業にとっては円高大歓迎なので、ある意味ではばからしい議論であるのですが、円安をネタにここまで上昇して来た日経平均ですし、単純に円安が進めば利益がうなぎ登りと言う訳にも行きそうもありませんので、今後の緩和策の行方であるとか、為替動向には注目して行く必要があるでしょう。

怖いのは、コントロール不能となって円安が止まらなくなる事であるのですが、例えば円安を止めるためには金融の引き締めが必要になるのですが、引き締めは出口戦略と取られる訳で、これまで上昇して来た銀行や不動産は大変な下落に見舞われる事になるでしょう。

直ぐにそんな状況になるとは思えませんし、まだまだ株高は続くと思いますが、色々と観察しながら変化を見逃さないようにして行く必要がありますし、変化に対応出来る様な投資姿勢は維持して行かなくてはならないでしょう。

とりあえず、今は買っておけば良い相場でありますが、気を抜かずしっかりと対応出来る姿勢で投資を続けて頂ければと願うところであります。

では、ここからはメンバー専用となります。

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。