おはようございます。

昨夜のNY株は、ISM非製造業指数が低調な数字で、3月の全米雇用報告が市場予想を大きく下回った事などが影響した様ですが、久しぶりに経済指標が相場の足を引っ張る形となり、NYダウは111.66ドル安の14550.35ドルと反落しました。

また、SP500とNASDAQはいずれも1%を超える下げ幅となっており、ダウ以上に相場の雰囲気は悪かったと言う事になるでしょう。

ただ、トレンドが変化する程の動きではありませんし、だからどうだと言う事も無いのですが、昨日の東京株式市場は戻りすぎましたので、今日はまたこの反動で荒れ模様の朝になりそうな感じがします。

昨日は、大きく反発して来たら一部利食いを入れれば良いとしておりましたし、高くなったら買う必要も無いとしておきましたので、方針に沿っていれば、また今日は安い所を買う事が出来るかもしれませんね。

ただ、昨日は高い最中ではありましたが、素晴らしい新規銘柄が2本ほど出ました。

Jトラスト、ケミカルリサーチ、3Dマトリックス等を高騰前に仕込んでいた筋で非常に期待感が高いので、是非とも多くの方に仕込んで頂き、この筋のパワーを感じて欲しいと願うところでありますが、今回はやや高いところでの推奨となりますので、相場の行方次第では押し目もあるかと思いますし、スタートまでは少し時間もかかるかも知れません。

ですから、投資方針は時価買い、押し目狙いとしているのですが、期待度は非常に高いので、イチオシでの推奨となっております。

今年の相場は、節分天井にはならないと予想し、予想通りに上昇を続けましたが、彼岸底に関しては当然そうはならないとしても、この辺りから上昇を再開する可能性があるかとも思ったのですが、相場は調整を続けております。

今日の日銀政策決定会合の結果次第では上昇を再開する可能性もあると言えますが、昨日は余計な買い上がりがありましたし、失望で売られるまではないとしても、更に停滞を続ける様な内容になる可能性も想定しておかなくてはならないでしょう。

まあ、そうなってくると個別銘柄の出番と言う事になる訳で、そうなってきますとこうした銘柄が主役となる材料株相場となる訳です。

とりあえず、日銀の会見の後に急落する様な失態はないと見て良いので、今は上昇再開か、停滞かを想定して行動して行けば良いでしょう。

例年気にするのは5月の連休に相場が下落に転じる事でありますし、今年はどうなりますか?等と言う質問もあるのですが、上昇していないのですから下落する心配はほとんどないと言って良いですし、逆手を取ってその辺りから上昇となる事も考えられると言って良いでしょう。

まあ、どうなるかは分からないところでありますが、今の相場は下手に型に嵌めたりせず、臨機応変に対応して行く事が大切なのです。

ですから、とにかく上昇見込みの高い銘柄はしっかりと買って、上昇の時を待つのが最善の策であろうと思うところです。

この2銘柄が気になるところであるとは思いますが、いずれも東証一部の3000番台と4000番台の銘柄であります。

かなり自信のある銘柄であり、これ以上のヒントは提供出来ませんが、メンバーは昨日から仕込み始めております。

仕込んでみたい方は、メンバー専用情報をご利用下さい。

と言う訳で、ここからはメンバー専用となります。

ただいま4月メンバーの募集中です。メンバー向けには為替動向、個別銘柄など、より実践的なレポートを発行しております。

なお期間限定ですが、全額返金キャンペーンも行っておりますので、チャンスを逃さないために是非一度だけでもご利用してみてください。

会費以上のコストパフォーマンスの高い情報を配信できると思います。

お申し込みはこちらから ⇒ http://soubakan.com/
 
携帯の方はこちらから ⇒ http://soubakan.com/mobile.html

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。